NHK『おちょやん』公式サイトより
# おちょやん

朝ドラ『おちょやん』の「家族の描き方」の凄まじさを、あらためて語りたい…!

それは絶対的なものでもなんでもない

5月14日に最終回を迎えたNHK連続テレビ小説『おちょやん』。クランクイン後に新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて撮影が中断、放送日程の延期や当初予定からの話数短縮などさまざまな制作上の困難に見舞われた本作だが、主人公・千代役の杉咲花をはじめとした出演陣の熱演や、人間味あふれるキャラクターたちの人生をときに陽気に、ときに重厚に描いた脚本・演出によって、非常に高い評価を得ることになった。

主人公の千代は「大阪のお母さん」と呼ばれた昭和の名女優・浪花千栄子をモデルとしているが、物語の設定や展開にはさまざまな脚色・創作が含まれている。なかでも重要なのは、千代の「家族」への向き合い方の描写だろう。八津弘幸による脚本において表現されたのは、「家族」を絶対的な関係として捉えるのではなく、個々人がそれを自らの意志で選び直していくような想像力だったと、私は考えている。

 

家族の描かれ方の違い

浪花千栄子の著作『水のように』において、彼女の父は千代の父・テルヲ(トータス松本)と同じようなろくでなしとして描かれている。

妻を亡くした後、千栄子と弟の幼い子どもふたりを育児放棄的に扱った挙句、再婚相手に入れ込む。そしてその女性の「弟はしょうがないがあの子はイヤ」という言葉を聞いて、わずか九歳の千栄子を女中奉公に出してしまう。

奉公先でも勝手に給金を前借りするなど、父はドラマと同じく千栄子の人生を追い込むのだが、千代がテルヲに対して抱えた愛憎のような感情は、この本ではほぼ描写されていない。「なんとしても、昔の勤勉な実直な父にかえってもらわねばならぬ」と考えたという記述はかろうじてあるものの、基本的に父に対する苦々しい感情ばかりが書き連ねられている。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/