6月末にトライしたい!
体の内側から祓ってくれる「お菓子」

コロナ禍で京都に行けないからといって、あるいは職場近くに茅の輪がないからといって、嘆くことなかれ。からだの内側からも祓おうと考えるのが京都の人々である。白い外郎(ういろう)の上に小豆の乗った三角形のお菓子がそれで、名を「水無月」という。この「夏越の祓」定番菓子は最近、東京でも売られているから、見たことがあるだろう。三角形の白い外郎は切り出した氷を表すらしい。

-AD-

かつて宮中の貴族は「氷室の節会(ひむろのせちえ)」に氷を食べて暑気払いをした。山の洞窟に氷室を作り、冬の間に蓄えていた天然の雪氷を御所まで運んで天皇に献上したという。御所車に乗せてうやうやしげに運ばれる氷は、市井の人々には高値の花。「氷」への憧れを外郎に、その上に悪魔祓いの小豆を載せて「水無月」というお菓子に仕立て上げて味わったという。

実はこの通説には謎が多く、頼りになるのは、江戸時代、麦を用いた蒸し餅をねじって小豆を載せた「水無月蒸餅」を宮中に収めたという虎屋の記録くらいだ。「氷室の節会」と合体させて三角形になった時代などはよくわからない。確かなのは、今日に至るまで、夏越の祓定番菓子として不動の地位を保っていることだ。

夏越の祓に頂く「水無月」。お茶は翌日から始まる祇園祭の茶碗で。撮影/秋尾沙戸子

京都に来て最初の6月30日、訪れる先々で「水無月」が出てきて驚いた。毎年毎年、どこもかしこも、「水無月」だらけなのである。さすがに自分でも飽きた気がする昨今だが、しかし、一度も食べないとなれば、具合が悪い。最低ひとつは、6月末に「水無月」を口にしたくなる。

もしも買いそびれても、水無月は作るのも簡単だ。粉の配分などレシピは色々出ているので、ググって試してみて。あるいは、かき氷やクラッシュした氷の上に小豆を載せて食べるのでもよいかもしれない。本来、白い部分は天然の雪氷を模しているのだから、かき氷のほうが宮中の暑気払いに近づける。

さて、7月になると、京都はいよいよ祇園祭。1ヵ月かけて疫病退散の祈りが始まる。

illustration/東村アキコ

文/秋尾沙戸子
名古屋生まれ、東京育ち、のち京都暮らし。サントリー宣伝部を経て、NHK「ナイトジャーナル」キャスターや情報番組コメンテーターとして活躍。著書に『ワシントンハイツ:GHQが東京に刻んだ戦後』(新潮文庫、第58回日本エッセイスト・クラブ賞)、『運命の長女』(第12回アジア・太平洋賞特別賞)、『スウィング・ジャパン』『渋谷の秘密』など。

イラスト/東村アキコ
1975年生まれ。漫画家。宮崎県出身。1999年『ぶ~けデラックス』NEW YEAR増刊にて『フルーツこうもり』でデビュー。『ひまわりっ~健一レジェンド?』『ママはテンパリスト』、『海月姫』(第34回講談社漫画賞少女部門受賞)、『かくかくしかじか』(第8回マンガ大賞、第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞)、『東京タラレバ娘』『美食探偵 明智五郎』『雪花の虎』ほか、ヒット作多数。『講談社「Kiss」にて「東京タラレバ娘シーズン2」連載中!
 

連載【アキオとアキコの京都女磨き
▼他の記事もチェック!
第1回『鬼滅の刃』の「ヒノカミ様」がここに…京都「火焚祭」に学ぶ「神さまと蜜柑」の意味
第2回「京都で火曜水曜はお休みのお店が多いらしい」理由をご存じですか?
第3回「鬼切丸」って?学問の神様「北野天満宮」が受験生以外にも人気の理由
第4回 12月13日「京都の事始め」に出る「追っかけ」に違和感を抱く理由
第5回「京都の門松」に「根」がついている理由をご存知ですか?
第6回「母の形見の着物」で仲間入りできた京都で受けた「本物の洗礼」
第7回 なぜ豆を蒔くの?節分から学ぶ、京都流「鬼退治」の秘儀とは
第8回 3本足のカラス「ヤタガラス」の伝説とは…蹴鞠とサッカーの奥深い関係
第9回 これが京都のイケズ?ひな人形の素朴な質問への「まさかの返答」
第10回 親もこっそり祈願!古代から続く「京都の縁結び」地主神社の意外な事実
第11回 京都男子は恋愛より「お見合い結婚」?京男との婚活チャンスはあるのか
第12回 東京の知人に拒否られた?「茶の湯文化」で見えた京都との感覚の違い
第13回 「菖蒲」で家ごと疫病退散?清少納言も好んだ京都の「驚きの光景」
第14回 旧小学校が、絶景ホテルやマンガ博物館に!京都の「廃校」再活用アイディアに脱帽