2021.06.02
# ライフ

「婚活地獄」に陥る女性たち…なぜ本音を隠してまで“高望み”を止められないのか

“ナチュ婚”のススメ

ある女性から、婚活相談を受けた。彼女は37歳。5年間婚活をしており、マッチングアプリや結婚相談所を使ってみたが、いい相手に出会えないのだという。

話を聞いてみると、彼女が求めている条件はたった1つ。

しかし、そのたった一つが曲者だった。

「親や友達に見せても恥ずかしくない人がいい」

と、彼女は言ったのである。

〔PHOTO〕iStock
 

バッシングされる「高望み」女性

婚活で苦戦する人の9割は、相手に求める条件が多すぎる。よくネットやテレビでもバッシングされる婚活女性は、「年収600万円以上、学歴は最低でもMARCH、身長170cm以上、誠実で優しくて、デートでリードしてくれる人。自家用車を持っていて、家事が得意」といったもので、とにかく全部盛りなのだ。

これが「年収600万円以上で、温厚な人」なら、結婚相談所に結構いる。「身長170cm以上で、誠実な人」もかなりいる。ただ、平均かそれ以上の条件をいくつも並べれば、揃っている人は少なくなる。

まして、婚活では「一点突破型」の相手よりも、バランスよくこういう条件を兼ねている人が一番人気になる。激烈イケメンの年収200万円男性よりも、そこそこの顔で優しい性格の、年収400万円男性が先に成婚していくのだ。

そして。こういった「高望み」女性へのバッシングを、私達はあまりにも見すぎてしまった。テレビで、ネットの記事で、SNSで、友達の口から。高学歴・高身長・高収入を望む「3高」なんて求めようものなら、親の仇のような目で蔑まれる。

関連記事