Photo by iStock

「64」の意味をご存じですか?「NINTENDO 64」発売から今日で25年

サイエンス365days

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

最新技術が投入された画期的ハード

1996年の今日(6月23日)、家庭用ゲーム機の「NINTENDO 64」が発売されました。

 

NINTENDO 64はスーパーファミコンの後継機として登場した家庭用ゲーム機で、3Dゲームなど多くの種類のゲーム操作に適したスティックがついたコントローラーと、当時としては非常に高性能のMIPS64というCPUを有する画期的なゲームハードでした。

ところで、NINTENDO 64やMIPS64の名前に使われている「64」という数字が何を意味しているのか、みなさんはご存じでしょうか?

この数字はCPUの中で扱われるデータサイズが「64ビット」であることを表しています。「ビット(bit)」とは二進数の一桁(binary digit)のことであり、64ビットは二進数で64桁分のデータサイズということになります。

それまでの家庭用ゲーム機を見ると、ファミコンが8ビット、スーパーファミコンが16ビット、PlayStationが32ビットのCPUを採用していました。

PlayStationの32ビットというデータサイズは、十進数の整数で考えると0から4,294,967,295までの約40億の数字に相当します。一方でNINTENDO 64の64ビットでは、0から18,446,744,073,709,551,615(約1800京)までという文字通り桁違いのデータサイズになるのです。

CPUの性能はビット数だけで決まるわけではありませんが、現在の最新ゲーム機であるPS5でも64ビットのCPUが使用されていることを考えると、NINTENDO 64いかに先進的であったかが感じられるのではないでしょうか。

NINTENDO 64 photo by Getty Images

CPUだけではない革新性

NINTENDO 64で画期的だったのは、CPUだけではありません。

コントローラーには三つのグリップがついており、「ライトポジション」、「レフトポジション」、「ファミコンポジション」という3種類の持ち方ができるようになっていました。

これにより、プレイヤーはゲームによって最適な操作方法が選べるようになっていたのです。

このコントローラーのおかげもあり、本体と同時に発売されたいわゆるローンチソフトには『スーパーマリオ64』『パイロットウイングス64』というアクション性のあるゲームが名をつらねました。

ちなみに、現在までで最も売れたゲームは1996年の12月に発売された『マリオカート64』で約224万本が販売されました。

NINTENDO 64はこのような新規性が注目され、ソニーのPlayStationやセガのセガサターンなど名ゲーム機がひしめいた1990年代に発売されながらも、3000万台を超える販売実績をあげました。

photo by iStock

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/