# 相続

2500万円分の遺産を「兄が支払ってくれない」、39歳の弟がとるべき「最良の手段」

貞方 大輔 プロフィール

戸山さんの納骨が終わり、これでひと段落、「本日は解散!」という段になって長男が次男に対してこう切り出しました。

「なぁ、親父の家さ。俺が相続することでいいよな。お前は自宅を持っているけど、俺は自宅を持ってない。知ってるか? 相続税って自宅を持ってない子供が相続すると税金が安いらしいんだよ」

長男が言う「税金が安くなる」というのは、“小規模宅地等の特例”の一類型の話で、それ自体、間違いではありません。

次男はもちろん、そうした知識はありませんが、疲れていたので、とりあえず曖昧に返答しました。

 

じつは、もっと資産があった

しかしその後、戸山さんの遺産を調べていた長男と次男は、驚くべき事実を知ります。

戸山さんの遺産は自宅だけの7000万円と聞いていたのに、じつはそれも含め合計で1億2000万円もあったのです。

自宅を除いた5000万円は、戸山さんが生前に自分の会社に貸し付けたお金でした。

長男は言います。

「えっ? 親父が自分の会社に貸し付けたお金が5000万円? それに相続税がかかる? どういうこと?」

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/