2021.06.20

日本とアメリカとヨーロッパ、じつは「正義」の“意味”がここまで違っていた…!

「法律に従うのが正しい」んです
橋爪 大三郎 プロフィール

日本の契約書、ここがおかしい!

さて、ここまでのロジックを追えましたか。

もしも途中で意味不明になったら、要注意。どっぷり日本人である可能性が高い。

日本人の考える正義は、キリスト教徒と違って、ややこしくない。こんな感じだ。

  ・自分の言い分は正しいと思う。
  ・でも、相手には相手の言い分がある。
  ・そこで、よく話し合う。
  ・話がまとまったら、それが結論になる。
 

裁判ではなくて、話し合い。話し合いは、腕力よりましだ。でも、法律は関係ない。結果の予測がつかない。

話し合いは、力の強い側の言い分が通りやすい。結論が正義かどうか、わかったものではない。

日本人のつくる契約書をみると、最後に、「ここに書いてない出来事が起こったら、双方誠意をもって協議する」みたいに書いてある。こんなものを、契約とはいわない。

関連記事

おすすめの記事