photo by iStock

日本とアメリカとヨーロッパ、じつは「正義」の“意味”がここまで違っていた…!

「法律に従うのが正しい」んです

「正義」とはなにか

正義は、正しいこと。悪の反対だ。

子どものころ、正義にあこがれた。正義のヒーローが活躍するマンガやアニメがいっぱいあった。「正義は、勝つ!」そう。正しいなら強くなければならない。最後に正義が、悪をこらしめるのだ。

大人になると思う。正義を実現するには、力が必要だ。でも、いつも正義が実現するわけはないよなあ。

こう考えるのは、日本人だからかもしれない。

英語で「正義」は、justice だ。

フロイドさんが白人の警察官に殺されると、人びとは口々に叫んで行進した、Justice を! オサマ・ビン・ラディン容疑者が特殊部隊に急襲されて死亡すると、オバマ大統領は言った、justice はなされた。

「正義」とはなにか… photo/gettyimages
 

そう。justice とは、「裁判の判決」のことなのだ。

ただの正しさではない。誰だって自分は正しいと思っている。でも誰が、ほんとうに正しいのか。それを決めるのが裁判所だ。裁判で「正しい」と認められれば、正義justice である。

関連記事

おすすめの記事