高齢者の死者激減…ワクチン接種が進むドイツで起きていること

夏休みに旅行できるようになるのか
福田 直子 プロフィール

現在、日本政府は日本人の帰国者も大幅に制限しているため、ヨーロッパ各都市からの直行便は激減している。

ある知人は、4月にドイツの都市からロンドンで乗り換え、羽田空港到着後は検査や待ち時間のために11時間も拘束された。その後、両国のビジネスホテルで3日間、一歩も外に出ることは許されず、隔離後は再び羽田空港へバスで連れて行かれ、そこで解散した。

ドイツの自宅を出てから東京の実家に到着するまでこれだけでも4日間以上となる。しかも、隔離ホテルで感染する可能性はゼロではない。

感染しても重症化しないようにするためにはやはりワクチン接種を進める以外にいまのところ有効な対策はみられない。

〔PHOTO〕gettyimages
 

経済活動が回復する国々

「ワクチン競争」の先頭を切っているイスラエル(人口の約63%)やアメリカ(約50%)では新規感染者および死者数が激減し、経済活動がぐんぐんと回復してきている。

イスラエルでは海水浴場でも「ワクチンバス」が接種を行っているが、アメリカも7月4日の建国記念日へ向けて人口の70%をワクチン接種する目標を掲げ、積極的にワクチンを受けるよう呼びかけている。

中にはオハイオ州のように100万ドル(約1億1千万円)の「ワクチン宝くじ」を設け、「ワクチンを受けたい」と思わせるような策を設けた場合もある。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/