Photo by Gettyimages
# メンタル

深田恭子も診断された「適応障害」…その症状、「うつ病」との違い、復職までの道のりは?

先日、女優の深田恭子さんが適応障害から休養することが報道され、大きな話題となっています。

所属事務所のホリプロからの文書には「私ども所属の女優 深田恭子ですが、昨年春ごろから体調を崩しがちとなり、今月に入り医師より「適応障害」と診断されました。これにより当面の間 治療を優先し、お仕事をお休みさせていただきます」とあり、7月から出演する予定のフジテレビ系連続ドラマの降板も発表されました。

このニュースで注目を浴びることになった「適応障害」。その気になる症状や、うつ病との違い、治療の進め方まで、産業医の池井佑丞氏が解説します。

Photo by Gettyimages

あなたも決して無視できない「適応障害」

「適応障害」という言葉に耳慣れない方も多いかと思いますが、実は私が身を置いている産業保健の現場にはとても多い、つまりは働いている方にはいつ自分の身に起こってもおかしくない疾患なのです。

実際、人口の2-8%の方が適応障害だといわれています。メンタル疾患と言えば「うつ病」を思い浮かべる方が多いと思いますが、うつ病と同程度の人数になるのです。

 

うつ病との大きな違いは、うつ病は慢性的なうつ状態でありその原因やきっかけがわからない場合が多いのに対し、適応障害は特定のストレス要因に反応し、うつ状態が生じる、というところにあります。例えば、職場にストレス要因がある方の場合、自宅でのんびりしている時には症状を感じないということも珍しくありません。

また、ストレス要因に接してから3か月以内に症状が出現するとされているので、適応障害かな? と感じた時には、直近3ヶ月の間に大きな変化などが無かったかを振り返ってみると良いでしょう。

以前五月病のお話の際にも言及しましたが、今の時期は環境変化が起きやすいので、適応障害も起こりやすい季節のひとつと言えます。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/