Photo by iStock
# 食

生物学者の私が、「ベジタリアンはおそらく長生きしない」と考える理由

「反・種差別」はどこかで行き詰まる
バラエティ番組『ホンマでっか!?TV』でもお馴染みの生物学者、池田清彦氏の新刊『どうせ死ぬから言わせてもらおう』が角川新書から刊行された。タイトル通り、政府のコロナ対策から似非科学まで遠慮なしに論じた書籍から、ベジタリアンに関する一節をご紹介しよう。
 

動物を殺して食べるのは残酷か

ドミニク・レステルという初めて聞く名のフランスの哲学者が書いた『肉食の哲学』(大辻都訳、左右社)という本を読んだ。原題は『Apologie du carnivore』(肉食者の擁護)である。帯には「肉食は我々の義務である。ビーガンの心がけは立派だ。だがその道は地獄に続いている」と過激な文言が書きつけてある。帯の後半は「地獄への道は善意によって敷き詰められている」という有名な箴言のもじりだな。

ところで、ビーガンとはどういう人か。基本的に植物食の人はベジタリアンと呼ばれるが、ベジタリアンにもピンからキリまであって、忌避する食べ物の種類によって5通りくらいに分けられる。

1. ビーガン:植物性食品のみを食べ、動物性食品は一切食べない。最も極端なベジタリアンである。
2. ラクト・ベジタリアン:植物性食品に加え牛乳や乳製品は食べる。
3. ラクト・オボ・ベジタリアン:2に加え卵は食べる。
4. ペスコ・ベジタリアン:3に加え魚は食べる。
5. ポーヨー・ベジタリアン:4に加え鳥肉は食べる、獣肉は食べない。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/