東洋思想の難しい概念をより楽しく、取り入れやすくレクチャーして、環境や体の面から人をHAPPYにしていく活動をしている開運エンターテイナー・出雲阿国さんが、毎月最終日にお届けしている「九星気学別の運勢」

この6月で今年もあっという間に上半期が終了…! 2021年の前半を振り返った時に、実りある半年間だった!と思えるよう、早速今回も「今月の運気の流れ」と「九星別の開運アクション」を知って、毎日の暮らしに取り入れていきましょう!

出雲阿国さんのこれまでの連載記事はこちら

「古い流れ」を打ち破る
強い意志と行動を持ちたい1ヵ月

どうも〜! みなさんこんにちは!
開運エンターテイナーの出雲阿国です!

何かともやついて安定しない流れの中ではありますが、2021年6月は運勢的にどのように過ごすことでHAPPYを生み出していけるのか?!
今月も、先人たちの残してくれた知恵を開運のヒントにするべく、私なりに読み解いてみたいと思います!
それではいってみましょう! まずは、今月の全体の流れから!

Photo by iStock

今月は占い的にいうと、「旧体制と新体制の葛藤」というのがテーマになってきそうな1ヵ月になります。

過去の慣例や慣習、考え方やライフスタイルを改めて、古いことやもうそぐわなくなってきていることを一回終わらせ、これからに向けたポジティブな新しい習慣や行動をスタートさせるような「殻を破っていく」エネルギーが満ちてくる一方で、染み付いた行動や思考のパターンからなかなか抜け出せず、なし崩し的に今まで通りを選んだりルーズになってしまうなど、「新しい改革の流れ」と「古くからの因習の流れ」がせめぎ合うなかで、新しい形を模索していく転換の時という感じ。

これまでのよくなかったことを改めて行動を変えたり、今までのやり方をもっと効率の良い形に変える、という強い意志と行動力を持つと、あたらしい自分の世界の扉が開けるような1ヵ月になるので、柔軟に新しい変化に対応できる順応力がある人にはチャンスの時!

ですがこの変化は順風満帆!という感じではなくて、反対勢力や変化をさせまいとする力も同じくらい高まりそうなので、順調に勢いよく大きくジャンプアップ!というよりも、じりじりと根性据えて取り組む中で、徐々に新しい定番として折り合いのつく形ができていくようなイメージかなと思います。

今月は一過性のものではなくてこれからのニュースタンダードにするための変化を心がけていくタイミングなので、こういう時は「何を変えるべきなのか」と今までの問題点や、それを改善する筋道をはっきりさせて、継続可能なライフスタイルや体調管理、未来の自分に向けたアクションを見直してみると運気を味方にできそうです!

-AD-

また、
・トラウマ
・思い込み癖

などメンタル面での弱点強化に取り組むことで開運に繋がりやすい時でもあるようです。
弱点を強化するためにはまずは、どんな傾向があるのか「自分をよく知ること」も大切!

そういう振り返りやメンタルの強化、人との関わりの中での自分らしさについていつも以上に取り組んでみると良い成果が出やすい1ヵ月。
マインドフルネス的な考え方を取り入れたり、普段の自分の無意識の思考パターンなど意識して良い方向に改善できるような方法にトライしてみると良さそうです。

ただでさえ梅雨で重だるく、だらだらしちゃいたい6月ですが、どうやら運気の傾向は「頑張れ!」って言ってる感じ。

この6月、いかに、「めんどくさい」「もういいや」など良い変化を阻む反対勢力に打ち勝つか!
この1ヵ月で殻を破って、一皮向けた状態で夏を過ごせるように「よくなっていくための努力の時」として活用してみましょう!

それでは、ここからは9星別に開運のヒントをお伝えしていきたいと思います!

-AD-

あなたの九星気学タイプは?

>自分の九星はこちらからチェック!

九星気学とは、生まれた年月日の九星と干支、五行(木火土金水)を組み合わせた占術。上のリンク先から自分の九星を調べてみてください。

次から早速、九星別の6月の運勢をお届けします!

▼九星別 運勢ページはこちらから
一白水星「状況を把握してから行動に移して吉!」
二黒土星「頑張った分だけ成果が出る、挑戦のチャンス!」
三碧木星「家族との交流で運気をチャージ!」
四緑木星「自分がリードして行動を起こす1ヵ月!」
五黄土星「メリハリある生活で心に余裕を!」
六白金星「心と体をリラックスさせることで開運!」
七赤金星「ニガテ克服のチャンス!」
八白土星「運気アップのキーワードは『冒険心』」
九紫火星「仲間や協力者が集まるタイミング!」