ドラマ『リコカツ』(TBS系)公式サイトより
# ドラマ

『リコカツ』北川景子演じるヒロインの離婚が、実は「重要ではない」理由

ラブコメなのになぜ全員離婚?

ラブコメ乱立の中、最大の注目作に

北川景子の産後連ドラ復帰作として放送前から注目を集めていた『リコカツ』(TBS系)。

今春は、『恋はDeepに』(日本テレビ系)、『着飾る恋には理由があって』(TBS系)、『レンアイ漫画家』(フジテレビ系)、『大豆田とわ子と三人の元夫』(関西テレビ・フジテレビ系)とラブコメがそろった中、ここまでは「話題性・視聴率の両面でトップ」と言っていいだろう。

ドラマ『リコカツ』(TBS系)公式サイトより
 

21日に放送された第6話では、咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)がついに離婚。第1話の段階で離婚を決意し、「リコカツ=離婚活動」をはじめながらも、ギリギリのところで踏みとどまっていただけに、ネット上には悲喜こもごもの声が飛び交っていた。

さらに、咲の父・武史(平田満)と母・美土里(三石琴乃)、紘一の父・正(酒向芳)と母・薫(宮崎美子)も含め、まさに三者三様の離婚劇。28日放送の第7話でも、咲の姉・楓(平岩紙)が離婚予定であることが明かされるなど、「全員離婚家族」というテーマで放送されるという。

しかし、「全員離婚家族」というストーリーは、「まさか」ではなく「やはり」であり、さらに言えば、「そもそも『リコカツ』は離婚しても離婚しなくてもどちらでもいい」という作品なのだ。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/