# 東京五輪

東京五輪、偉い人が誰も「やめよう」と言い出せない「無責任すぎる構造」

とあるイベントとの共通点

夢の音楽フェス

オリンピック開催直前の今こそ見てほしいドキュメンタリーがある。

Netlixで配信されている「FYRE: 夢に終わった史上最高のパーティー」だ。原題は「The Greatest Party That Never Happened(開かれなかった史上最高のパーティ)」である。

舞台は、カリブ海に浮かぶ島国バハマ。2017年、ここで極めて盛大な音楽パーティ「Fyreフェスティバル」が開かれる予定だった。

カリブ海の青い海に浮かぶ、主催者が購入した完全プライベートの島。他に住人は誰もいない。唯一の交通手段は小型ジェット。一流ホテル並みの宿泊施設と、豪勢な食事。パーティチケットの最高価格は25万ドル(現在のレートでおよそ2700万円)ほどとされ、そのチケットを買えば、参加者にはヨットすらついてきた。コンサートは一流の出演者ばかり。

 

主催するのは、成功したスタートアップ企業の創設者である27歳のビリー・マクファーランドと、2000年代に一世を風靡したラッパー、ジャ・ルール。

もともと、Fyreフェスティバルは、「Fyre」というアプリケーションの宣伝のために企画された。このアプリは芸能人を簡単にブッキングできる、というもので、そのブランディングのため、フェスティバルをやることを考えついたのだ。

もともとビリー・マクファーランドは「Magnises」というクレジットカードをベースにした会員制クラブを運営していた。彼は、事業をスケールさせる上で、ブランディングがいかに重要かをよく知っていた。とにかく人々の注目を集め、事業やサービスに対する期待をふくらませる。「よくわからないけどスゴそうだ」という感覚を煽るのだ。そのために重要なのはトップモデルとInstagramだ。

関連記事

おすすめの記事