ヤクザのカネを運用した相場師の末路

闇の盾(5)政界・警察・芸能界の守り神と呼ばれた男
寺尾 文孝 プロフィール

7年後の真実

タバコの煙をもくもくと吐きながら、「気が触れたということにしなければ、片が付かないし、殺されてしまうんですよ。だから気が狂ったフリをして放火事件を起こしたんだ」とつぶやいた。中江は、山口組芳菱会の瀧澤孝から10億円ともいわれる多額の資金を引っ張っていた。瀧澤は後藤の兄貴分にあたる大物である。そのカネを焦げ付かせたら、たしかに娑婆にはいられないだろう。以来私は、中江と会っていない。

Photo by iStock

2020年2月、新聞の片隅に中江の名前が載った。東京都葛飾区内の2階建てアパートの一室が火事となり、焼け跡から発見された損傷著しい焼死体の歯形から鑑定した結果、住人の中江と判明した。布団の周囲には吸い殻が散乱していたという。中江は、67歳になったばかりだった。

 
▽『闇の盾 政界・警察・芸能界の守り神と呼ばれた男』は本日発売! WEBでは紹介できなかったエピソードも満載です。
【本書に登場する主な人物】後藤忠政・田中角栄・周防郁雄・尾上縫・田中森一・小林旭・則定衛・池田保次・中江滋樹・佐々淳行・宅見勝・浜田幸一・羽賀研二・許永中・高橋治則…
第一章 渋谷ライフル銃事件
第二章 秦野章と田中角栄
第三章 トラブル・シューター
第四章 警察官僚の落とし穴
第五章 ドリーム観光攻防戦
第六章 バブル紳士たちの宴
第七章 裸一貫の再出発
第八章 日本リスクコントロール
第九章 墓場まで持っていく秘密
第一〇章 見えない権力

 

関連記事

おすすめの記事