働き方は、生き方です。人それぞれ人生が違うように、働くスタイルも多種多様、正解はありません。会社や周りの力を借りながらも最終的には、どのように働くかは自分の意思で改革していくしかありません。今回は、歌舞伎役者の市川染五郎さんに歌舞伎をはじめとする仕事についてお話を伺いました。

襲名をきっかけに芽生えた
歌舞伎役者としての意識

市川染五郎さんの仕事場である歌舞伎座。歌舞伎座ギャラリー回廊から屋上庭園に続く五右衛門階段にて撮影をした。落ち着いた雰囲気を纏う染五郎さんだが、歌舞伎の話題になると情熱的に思いを語る。物語を考えることも大好きで、いつかは歌舞伎の演出を手がけることが夢だという。

16歳という若さにして、既に10年以上のキャリアを持つ歌舞伎役者の市川染五郎さん。祖父は松本白鸚、父は松本幸四郎という代々続く歌舞伎役者の家に生まれ、自身も4歳のときからこの世界に入った。染五郎さんにとって伝統を継ぐことは自然なことであり、仕事だという感覚もほとんどないという。

「初めて舞台に立ったのは、2歳のとき。初お目見得といって、本名で舞台に上がりお客様にご挨拶をしました。4歳で松本金太郎を襲名し、それ以降本格的にお芝居を始めました。生まれたときから、家族が歌舞伎に携わっているという環境だったので、舞台に立つことは日常の一部。幼いときは仕事というより、遊びの延長のような感覚を持っていたと思います」

しかし、プロとしての自覚が芽生えた瞬間があった。それは2018年に八代目市川染五郎を襲名したとき。当時12歳の彼が、改めて芝居に向き合う覚悟をするきっかけとなった。

「それまでは子どもの役ばかり演じていましたが、襲名すると大人の役をいただくことも増えていきました。実際の年齢よりも年上の人物を演じることは難しいこともたくさんありますし、演じる人物像も幅広くなります。襲名は、役者としての自分を見つめ直すタイミングでした」

その襲名披露の演目は『勧進帳』。歌舞伎十八番のひとつで、染五郎さんは源義経を演じた。

「実在した人物の役なので、源義経のことをいろんな文献で調べました。歌舞伎の演目のなかでの彼は2枚目の貴公子。しかし彼の容貌については諸説あり、異なるイメージで描かれている文献もあります。物語を深く理解するためにも、演じる人物についてよく知っておくことが大切だと思ったんです」

その習慣は今でも続いていて、歴史上の人物を演じる際は、自分なりにそのキャラクターを理解するために下調べをしている。そんな真面目な染五郎さん、今でも舞台に上がるときは緊張と不安があり楽しんでいる余裕がないと語る。その落ち着いて堂々とした佇まいからは意外な発言に聞こえたが、真摯に歌舞伎と向き合うプロフェッショナルの姿がそこにはあった。

-AD-