チーズとハムも足してジューシーに!鶏カツレツ「コルドン・ブルー」のレシピ

40代からパリ生活を始めた無類の食いしん坊・井筒麻三子が、「のんびりゴロゴロしてても、美味しいものが食べたい〜」と考え出したレシピから始まった、お料理連載。ゆる〜っと簡単なのに、小洒落た美味しいものが作れるから、お料理が苦手な方、「今日の献立を考えるのが面倒」という時にこそ、ぜひ作って欲しいお料理が揃っています。

 


簡単すぎる!おしゃれで美味しいGOROGORO KITCHENレシピ集はこちら>>

コルドン・ブルーと聞くと、日本にもある名高い料理学校のことだと思われる方も多いと思うのですが(かくいう私もそうでした)、フランスには、コルドン・ブルーというお料理がありまして。お肉を薄く叩いて、ハムやチーズをその間に挟み、焼くか揚げるかする、カツレツの一種です。フランスのどこのスーパーでもチルド食品として売られていたりするほどの、定番料理でもあります。簡単なフランス料理が知りたい!というリクエストが多いので、今回はこちらをご紹介してみることにしました。

 

おうちご飯マインドとしては揚げ物より焼きたい。でも焼くより揚げる方がおいしい……ことを考えて、揚げ焼きを選択しました。パン粉が焦げないよう、弱めの火加減でじっくり両面を焼くのが大事です。

基本のコルドン・ブルーは肉・ハム・チーズがベースなのですが、大人な味わいを作りたくて、このレシピではバジルを挟み込みました。ハーブはタイムでもオレガノでもよいですし、フレッシュがなければドライでも、当然ナシでもOKです。小麦粉、パン粉はあくまでも目安の量なので、適当に増減してください。

パサつきがちな胸肉ですが、チーズのジューシィ感で美味しく食べられる、節約メニューでもあります(フランス的には、胸肉の方がもも肉より高いんで、そうでもないですけど!)。一見手がこんでいるように見えるけれど、作ってみると至極簡単なレシピでもあるので、ぜひ一度作っていただけたら〜と思っています。

フランスの定番料理、鶏のコルドン・ブルー


 材料(2人分)

・鶏胸肉 2枚(約300g)
・溶けるスライスチーズ 2枚
・ハム 大判2枚
・塩、胡椒 適量
・バジル 8枚
・小麦粉 大さじ1
・卵 1個
・パン粉 大さじ6
・揚げ油 適量

 作り方  

1 鶏胸肉は横から半分の厚さのところに切り込みを入れて開き、包丁の後ろなどでよく叩いて1cmほどの薄さまで広げ、両面に塩胡椒をふる。

 

2 ハムは細長い4枚に切り、1の片面に2枚のせる。スライスチーズ1枚を適当な大きさにちぎってのせ、その上にバジルを4枚のせる。

 

3 残りのハム2枚を重ね、鶏肉を折りたたむ(ハムとチーズをのせる際は、鶏肉のふちにかからないようにし、余白を残しておくと、中のチーズがはみ出しにくくなります)。もう1枚も、同様に作る。

 

4 ボウルに卵を割り入れ、よくといておく。

5 3の鶏肉に、小麦粉、4のとき卵、パン粉の順に衣をつける。一巡したら、とき卵とパン粉をもう一度重ねてつけると、よりサクサクな仕上がりになる(お好みで)。

6 フライパンに約1cm揚げ油を入れて中弱火で熱し、5をいれる。油がジュワジュワと音を立てるようになってから6分焼き、裏返してさらに6分焼く。



「◯◯のレシピが知りたい」と言ったリクエストも、どしどしお待ちしております♪ 「作ったよ!」と言う方も、ぜひぜひお教えくださいね〜。


簡単すぎる!おしゃれで美味しいGOROGORO KITCHENレシピ集はこちら>>


井筒 麻三子
『VOGUE』、『ELLE』などのファッション誌を中心に、ビューティ、インタビュー記事を多く手掛けるパリ在住のエディター&ライター。ミモレのブロガーとしても活躍しており、『40代からのパリ暮らし』で綴る日々の“ごはん日記”が人気を集めたことから、お料理レシピと暮らしのvlogを公開するYouTubeチャンネル『GOROGORO KITCHEN』を2020年5月よりスタート。
instagram: @mamigorota


関連記事
生クリーム不要・全卵で作る「絶対失敗しない、濃厚カルボナーラ」>>

「カマンベール&きのことオリーブの炊き込みご飯」はワインとも相性よし!>>

【即席&激旨レシピ】人気イタリアンに学ぶモッツァレラのオープンサンド>>

【レシピ】トマト缶で作る失敗知らずのロールキャベツ!冷凍&アレンジも美味しい>>

皮はパリッ、肉汁ジューシィな「パリパリチキンステーキ」家族が喜ぶレシピ>>

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/