アボカドとコンテチーズの組み合わせが絶妙!絶品グリルサンドのレシピ

子供の頃から料理が大好きなアクセサリー作家・山本亜由美が、日々アトリエにこもって、知らない味や大好きな味の再現にトライする「食いしん坊レシピ」がスタート! 
あるときは1人で。スタッフや友人がいるときは2人で。
簡単で美味しくて、素材の組み合わせも楽しくて。
足したり引いたりが簡単なご飯をご紹介しようと思います。
今回は、組み合わせの絶妙感に思わず「わっ」とテンションが上がるグリルサンドを。

 


簡単で美味しい! アトリエごはんレシピ集はこちら>>


『プラダ着た悪魔』という映画の中で主人公の彼氏が彼女のためにフライパンでチーズサンドを作ってあげるシーンがあります。どんな種類のチーズだったかは出てこないのですが8ドルするチーズとのこと。
まずはフライパンにバターを落とし、じっくり片面づつ狐色になるまで焼いていきます。途中フライ返しでキュウっと押さえつけ、チーズが溶けることによって2枚の食パンが一体化し、よりカリッとなるようでした。
もちろん映画の後、すぐに真似して作りました。
その時使ったチーズはなんだったかな?
今はもう覚えていませんが、いつの間にかコンテチーズで作ることに落ち着いていました。

 


そして、我が家にはフライ返しがないので私は小さなお鍋の底を使ってパンを押さえつけています。(笑)
今回はアボカドとコンテですが、実はアボカドとコンデンスミルクというのも美味しいのです。グリルサンドは濃厚に作るほど美味しい気がします。

まずはシンプルに厚切りのチーズだけがオススメです。
少し高級なハード系のチーズを使っていろいろ試してみてください。

そのかわりパンは安いもので!

アボカドとコンテのグリルサンド


材料(1人前)
・食パン 2枚
・アボカド 適量
・コンテチーズ 適量
・胡椒
・有塩バター 小さじ2(お好みで増やしてください)

*味変にはマヨネーズ、辛子、ピクルス、柚子胡椒などがおすすめ


作り方
1 食パンにアボカドを均等にのせ、同量のコンテチーズを乗せ、胡椒をひきます。
パンを重ね、焼く前に手のひらでぎゅっと押さえます。
(こぼれないよう、パンの端から少し隙間を作ってください)

 

2 フライパンを弱火にかけ、バター半量をひいて片面をじっくり焼き、残りのバターで片面を焼きます。途中フライ返しでギュ、ギュっと少し押さえながら焼いてください。(写真右・鍋底で押すのもあり!)

 

*アボカドに味をつけていないので、薄味に感じるかもしれません。お好みで、塩やマヨネーズを最初から挟んで下さい。


私が子供の頃食べていたチーズといえばナポリタンにかける粉チーズ。
グラタンにはとろけるチーズ。明治や雪印のスライスチーズやカマンベール。給食に出てくるのはQBBの6Pチーズ。
ある時はさけるチーズに嵌り、中学生の時にはケーキに使うものと思っていたクリームチーズとアボカドのおかか和えに出会い衝撃を受けました。
20代になってティラミスに使うマスカルポーネを知り、イタ飯ブームにモッツァレラを知りました。

私の世界に突如名前も覚えられないような多種多様なチーズが出現したのは30歳半ばを過ぎてからの事でした。

クリームチーズに種類があるなんて!
ホームパーティーなどで友人たちが持ってきてくれるチーズの中に「ブリア サヴァラン」と言うクリームチーズがありました。クリーミーでリッチ。果物やジャムと食べた時の感激は忘れられません。

トムとジェリーに出てくる穴の開いたチーズに名前があるなんて!
チーズ専門店で穴の開いたチーズを見つけ、名前はエメンタールだと覚えました。
 

栗のような食感、ナッツのコク、濃縮したミルクの味わい。 コンテチーズが私の鉄板!  

 

10年かけてやっと認識した私にお気に入りが「コンテ」というチーズです。
ホロリとした食感は栗のようであり、ナッツのようなコク、ぎゅっと濃縮したミルクの旨味があります。
いつ食べても「好き」と思える味。
ぜひ皆さんも好きなチーズでグリルチーズサンドを作ってみてくださいね。


山本 亜由美
OL生活を経てジュエリー作家に。空間プロデュースも手がける。猫の紅子と一緒にアトリエでものづくりにいそしむ日々。旅と仕事、外食からインスピレーションを得た「食いしん坊レシピ」にファン多し! Instagram:@leonardo_abc_

撮影・文/山本亜由美 構成/藤本容子

関連記事
【パンのお取り寄せ】人気ブロガー厳選!一度は食べたい全国「人気パン屋」6軒>>

【パンのお取り寄せ】名店の味を自宅で!「人気パン&パンのおとも」7選>>

【おうちで喫茶店レシピ】たっぷり卵のピザトースト>>

【即席&激旨レシピ】人気イタリアンに学ぶモッツァレラのオープンサンド>>

【美味しいヴィーガン料理】ドライトマトとオリーブのピザブレッド>>

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/