自分は親不孝なのではないか… photo/iStock
# 介護

義母が「トイレで異常行動」…泣きじゃくる妻に、50代サラリーマン夫が取った「意外な行動」

「Uターン介護」の思わぬ結末

実家の親に介護が必要になると、放置しているような“申し訳ない”気持ちになることがあります。

「自分は親不孝なのではないか」

「亡くなった父親が草葉の陰で悲しんでいるのではないか」

「育ててもらった恩返しをするべきなのでは」……。

などなど、さまざまな思いが自分自身を追い詰めていきます。

ユウイチさん(仮名、50代)も、東北地方の田舎でひとり暮らしをしていた母親(80代)のことを気にかけていました。

田舎の親の介護は悩みが深い… photo/iStock
 

介護認定を受けたのを機に、「ひとりにさせておくのは申し訳ない」と考えるようになったといいます。

そんな折、勤務先で早期退職の募集がありました。ユウイチさんは検討を重ねた結果、退職して実家にUターンすることを決意。最初、渋っていた妻もユウイチさんの思いに根負けして、最終的にはついてきてくれました。

ところが、最善の策と思えた「Uターン介護」でしたが、思わぬ結末を迎えることになってしまったのです。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/