現役大学院生が開発! 失われた声を再現するウェアラブル人工喉頭

具体的な「モノ」で社会を変えていく

喉頭がんなどで声を失った方に向けて、日常生活で使いやすいだけでなく、過去の自分自身の声を取り戻せるウェアラブルデバイスが開発されました。開発したのは現役大学院生チームです。

2020年マイクロソフト主催の学生の開発コンテストMicrosoft Imagine Cupで準優勝、ジェームスダイソン財団主催の国際エンジニアリングアワードJames Dyson Award2020(JDA2020)で、国際TOP20にも選ばれるなど世界的に評価の高いコンペで受賞し期待を集めています。

チームリーダーの竹内雅樹さんは、学部卒業時はやりたい研究ができる進学先が見つからず、あわやニートになりかけたこともあったそう。そんな竹内さんが、仲間を得て画期的なデバイスを開発するまでのストーリーを聞きました!

開発した「Syrinx」を手に持つ竹内雅樹さん

首に装着して人の声を作る新発想デバイス・Syrinx(サイリンクス)とは

——まずはSyrinxについて教えてください。

咽頭がんや喉頭がんなどの原因により、声帯をなくした方々のためのデバイスです。声を取り戻す方法のひとつとして、電気式人工喉頭(EL)と呼ばれる機械がありましたが、20年くらいまったく進化していなくて、マイクのような棒状の形で手がふさがりますし、単調でロボットみたいな音しか出せませんでした。そこで、ハンズフリーで使えて自然な音が出るELを創ろうとSyrinxを開発しました。

——Syrinx(サイリンクス)とはどういう意味ですか?

九官鳥などのスズメ目には鳴管(めいかん)があり、そこを震わせて声を出しますが、その器官の名称がSyrinxです。東京大学先端科学技術研究センター研究顧問の伊福部先生が、九官鳥の発声機構をもとにハンズフリー型の人工喉頭(EL)について研究しておられ、僕たちもそれを引き継ごうとこの名前をつけました。本来はシュリンクスと読むのですが、製品名として独自性を持たせるためにサイリンクスと名付けました。開発チームの名前でもあります。

——自分の声を再現できるということですが、どういう技術なのでしょうか?

AIを用いた独自のアルゴリズムでユーザーの元の声を解析し、その声を再現する振動パターンを作製することで、人に近い原音を生成します。これまでのELは外部から喉に振動を与えて声を生成していました。デバイスを常に喉に押し当てている必要があり、音声も機械的で人の声とは程遠かったんです。

——AIを使って失った声を再現できるのですか!

AIによる生成方法および別の信号処理の方法の両方があります。どちらの方法も声のデータがあればできます。それは自分の声でなくても大丈夫です。

——すごいですね!

首に着けて違和感ない軽さと、つけたいと思えるスタイリッシュなデザインにもこだわっています。

関連記事