『大豆田とわ子と三人の元夫』公式サイトより

『大豆田とわ子』の脚本家・坂元裕二が、「3度目の大変化」を遂げている…!

代表作で振り返る、坂元ドラマの魅力

拙著『テレビドラマクロニクル 1990→2020』(PLANETS)は1990年代から2020年にかけてのテレビドラマについて論じている。大きく取り扱っているのは野島伸司、堤幸彦、宮藤官九郎の3人。彼らが手掛けたテレビドラマについて考察することによって、90年代以降のテレビドラマの歴史と社会的出来事との関係について書いている。

今回の記事で取り上げる脚本家・坂元裕二についても、野島伸司や宮藤官九郎と比較する形で時代ごとの作家性を掘り下げている。

今年に入り、映画『花束みたいな恋をした』がヒットし、現在、放送中の連続ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』が注目されている坂元裕二は、今のテレビドラマを語る上で欠かせない脚本家だ。1980年代後半のトレンディドラマ全盛の時代にキャリアをスタートし、現在も第一線で活躍し続けている坂元だが、約30年間の中で3度の大きな変化があったと見られる。

『大豆田とわ子と三人の元夫』で主役を務める松たか子[Photo by gettyimages]
 

「月9ブーム」をつくった脚本家

1987年、坂元は第1回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞し、脚本家としてデビューした。この賞はトレンディドラマブームと並走する形ではじまった脚本賞で、今では新人脚本家の登竜門となっている。

求められたのは、若者が共感する台詞を書ける若い感性。当時19歳だった坂元が大賞を取ったのは、脚本の面白さもさることながら、賞が求める「若い才能」だったからだろう。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/