文在寅、ついに韓国で“総スカン”に…! 米中からも「見捨て」られて、いよいよ“万事休す”へ

田中 美蘭 プロフィール

文在寅「支持率回復」は遠い夢

これは今や、国民が文在寅大統領に対して、批判や不満を持ちながらも、もはや何を言っても無駄と怒りを通り越して、諦めの境地に入っていることなのかも知れない。

今後、文在寅大統領の帰国後には、専門家などによる訪米の成果の分析や論評も発表されることと思うが、文在寅大統領の特徴として、現状以上に「成果」を強調するところがある。

 

これまでにも、日本に対する「No Japan」による不買運動の際や、新型コロナの防疫などがその例である。

今回の米国訪問も現在までの報道では取り立てて目ぼしい内容があるとは言い難い中、国民にとってはやはり、国内経済や、新型コロナの収束が大きな関心であり、今回の訪米が直ちに支持率の回復につながるようなポイントが見えるとは言い難い。やはり、文在寅氏にとっては引き続き厳しい政権運営が続くこととなるであろう。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/