文在寅、ついに韓国で“総スカン”に…! 米中からも「見捨て」られて、いよいよ“万事休す”へ

田中 美蘭 プロフィール

子どもじみた対応

バイデン大統領との会談の際のメニューをめぐっては、文在寅大統領サイドから事前に米国側にある注文をしたことがネットをざわつかせた。何と、会談の際に「ハンバーガーを出すのはやめて欲しい」と注文したというのである。

これは「日本より韓国が優位にあること」を誇張し、菅義偉首相の訪米時を意識したものであることは明確である。

日米会談を意識したというが… photo/gettyimages
 

2019年5月のトランプ前大統領の訪日の様子は韓国で大々的に取り上げられ、トランプ前大統領が韓国を訪れた際には、晩餐会に竹島(韓国での呼称は独島)のエビを使った料理が出されたことも報じられた。このように、これまでにも何かと日本に対抗して差をつけようという態度が見え見えの子どもじみた対応を行ってきた。

結果、今回の会談の際には「クラブケーキ」と呼ばれるカニや卵、野菜を使ったアメリカの料理が出された。今回の要求についても「やっぱりそう来たか」というのが正直な感想であり、文在寅大統領自身は今回の米国側の対応に満足しているのか?……というのも気になるところである。

さらに、今回の一連の日程中、文在寅氏もバイデン氏もマスクを着用せずに対談を行っていたことについても注目が集まっていた。

日本のメディアが「ワクチン普及の効果」や「前回の日米首脳会談とは様変わり」という報道をしていたほか、韓国の主要メディアも「菅首相の訪米時とは対照的」と伝えていた。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/