米韓首脳会談への批判が噴出している photo/gettyimages

文在寅、ついに韓国で“総スカン”に…! 米中からも「見捨て」られて、いよいよ“万事休す”へ

文在寅、突っ込みどころ満載の訪米

何かと韓国国内で問題を抱え、支持率も低下の一途、危機的状況の文在寅大統領は、5月19日より米国を訪問した。バイデン大統領就任後初となる訪米であるものの、韓国内の関心はさほど高くなかったといった印象だ。

当の文在寅大統領はそんな国内世論とは裏腹に「北朝鮮問題」などを優先的にと息を巻いているようだったが、外交面では情勢の的確な把握よりも自らの優先度を重視して進めてしまう文在寅氏だけに、もともと今回の訪米がどのようなものになるのかは期待よりも不安が大きいというのが正直な見方であった。

もともと期待されていなかった photo/gettyimages
 

実際、今回の文在寅大統領の訪米をめぐっては、ゴシップ的な内容が数多く注目されていたことが目につく。

まずは、文在寅大統領の夫人である金正淑(キム・ジョンスク)氏の名が訪米団のリストに入っていなかったことから、これを「訪米に向けてということで事前に新型コロナのワクチンを大統領とともに接種しながら何故だ?」という声が聞かれた。

これに対して大統領府は「新型コロナの状況を鑑みて動向人数を最小限に調整したためだ」とコメントしたが、ただでさえ、大統領夫婦のワクチン接種をめぐっては、「ワクチンのすり替え疑惑」や「ビタミン注射疑惑」など接種自体を訝しがる声が上がり、政府が「信憑性や根拠のないフェイクニュースの流布には厳しく処罰する」という声明を出す騒ぎとなった。

今回の夫人の不在をめぐり、またワクチン接種疑惑が蒸し返されてしまったような形だ。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/