【22・23年卒版】就活生もその親も必読!「隠れ優良ホワイト企業ランキング」TOP50

就活生もその親も必読!
竹内 健登 プロフィール

隠れ優良ホワイト企業 50位~31位

ここからは、約13000社のデータを元に作成した2021年度版(22・23年卒版)のランキング上位50社を公開し、傾向についての分析を行います。では、まずは50位から見ていきましょう。
*ランキング図表上の「NR」という表記は、「一流ホワイト企業ランキング」では圏外だったことを意味します

50位にはSIerの株式会社ヘッドウォータースが入りました。SIerは情報システムの企画、構築、運用などの業務を一括して請け負う企業のことです。SIerとしては、39位に株式会社インテージテクノスフィア、31位に株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングがランクインしています。AI活用やコンサルティングなど、それぞれが強みを活かしてシステム開発を行っています。

49位には株式会社新日本科学PPDがランクイン。CROと呼ばれ、製薬会社の医薬品開発から委託されて新薬開発を行っています。製薬会社の開発部門よりハードルは低く、給与が高くてスキルが身に付くため、理系の人にお勧めです(文系採用も一部あり)。

48位はWEB広告代理店の株式会社メディックスです。2019年の広告費では、WEB広告が2兆円を突破してテレビ広告費を超えており、今後も期待できる業界と言えます。

47位の小田急不動産株式会社は、小田急線沿いに特化した不動産デベロッパーです。あなたの地元にも、地域密着型のデベロッパーがいるかもしれませんので、要チェックです。また、42位には三井不動産レジデンシャルリース株式会社が入っており、グループ企業子会社化によってマンション開発などに特化している企業もあります。

46位にはWEBサービスでファックスサービスを提供する株式会社ネクスウェイ、続いて45位もWEBサービスでデータベースを提供する株式会社ランドスケイプ、32位にもクラウド型HR管理サービスのサイボウズ株式会社がランクイン。サービス内容は様々ですが、WEB上のサービスを提供しており、1990年頃の平成の時代に設立されています。

44位の株式会社ナウプロダクションはゲームソフト制作会社で、2000年頃から携帯電話・スマホ向けのコンテンツ制作も行っています。

43位には、税理士法人ゆびすいがランクイン。税務・会計などをベースに経営コンサルティングなどを展開しています。法務関係でランクインしたのは2社あり、もう1社は25位のNGB株式会社(旧:日本技術貿易株式会社)です。知的財産関連のトータルサポートを行っており、非常に高い専門性がある超高度なニッチ企業になっています。

41位の株式会社京王プレッソインは京王グループのビジネスホテル事業を担う会社で、京王プラザホテルなどの関連としてネームバリューを上手く活用しています。

40位には、第一三共ヘルスケア株式会社がランクイン。第一三共グループの医薬品メーカーで、主に一般用医薬品、スキンケア、オーラルケアなどを取り扱っています。風邪薬の「ルル」シリーズが消費者には馴染み深いでしょう。医療用医薬品は、第一三共株式会社が扱っているので就活生は注意しましょう。

38位には、化学品商社の丸紅ケミックス株式会社が入りました。また、総合商社のグループ会社として、35位に産業機械商社の住友商事マシネックス株式会社がランクイン。グループ会社にはなりますが、給与は普通の大手企業同等で、スキルアップにつながる仕事を多く経験できます。

 

37位の住友商事フィナンシャルマネジメント株式会社は、総合商社のグループ会社ですが、住友商事グループのサポートをメインで行っています。33位の東京ガスiネット株式会社も、東京ガスグループのシステム開発を担っています。

36位はディーアールエス株式会社がランクイン。ハードウェアの調達から導入支援・故障対応・処分・管理をすべて一貫して対応しています。IT分野は、そのサポート領域も市場が拡大しています。

34位の株式会社ドリームファクトリーは健康器具メーカーです。「ドクターエア」のブランドで幅広い製品ラインアップを拡充し、全国に体験型店舗を展開しています。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/