菅義偉首相[Photo by gettyimages]

遅すぎるワクチン接種、非難されるべきは「菅首相でない」と断言できる理由

日本をダメにした「3つのガン」が原因

菅政権「崩壊寸前」は本当なのか?

菅義偉内閣の支持率が急落した。新型コロナ対策と東京五輪・パラリンピック問題に対する不満が大きい。だが、日本は、もっと根本的な問題を抱えている。政府の「前例主義」と「証拠主義」「いざという時の米国頼み」だ。それらを克服できる指導者は、だれなのか。

まず、最近の世論調査を見よう。

朝日新聞が5月15、16両日に実施した世論調査によれば、菅内閣の支持率は33%で前回4月調査に比べて、7ポイント下落した。一方、不支持率は47%と8ポイント増えた(https://digital.asahi.com/articles/ASP5J7H1RP5JUZPS003.html)。支持率は過去最低タイ記録である。

新型コロナ対策については「評価する」が23%だった一方、「評価しない」が67%に上った。東京五輪・パラリンピックは「中止する」が最も多く43%、「再び延期する」が40%で、合わせて83%に上った。「今年の夏に開催する」は14%にとどまっている。

東京都庁に掲げられた東京オリンピック・パラリンピックのシンボルマーク[Photo by gettyimages]
 

同じ日に実施した共同通信の世論調査でも、菅内閣の支持率は41.1%で、前回4月調査に比べて2.9ポイント下落した。不支持は前回より9.2ポイント増えて47.3%に上った(https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA162R80W1A510C2000000/)。

新型コロナ対策は「評価する」が25.2%だったのに対して「評価しない」は71.5%。東京五輪・パラリンピックは「中止すべきだ」が59.7%。「無観客で開催」が25.2%、「観客数を制限して開催」が12.6%で、両者合わせても37.8%だった。

実施日は5月7〜10日とやや古いが、NHKの調査では、菅内閣を「支持する」が前月より9ポイント下がって、35%、逆に「支持しない」は5ポイント上がって43%だった。新型コロナへの対応は「あまり評価しない」と「まったく評価しない」が合わせて63%、東京五輪・パラリンピックは「中止する」が49%に上った(https://www.nhk.or.jp/senkyo/shijiritsu/)。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/