レームダック化してきた文在寅 photo/gettyimages

文在寅は“死に体”へ…ついに韓国が「中国・北朝鮮」からも見捨られ、文政権は“万事休す”へ!

文在寅が「外交」に意気込むウラで…

韓国、文在寅大統領の任期が残すところあと1年となった。

5月21日には米韓首脳会談、30~31日には環境ビジネス分野の国際官民連携ネットワーク(P4G)サミット、来月11~13日には英国で開催される主要7か国首脳会議(G7)への出席が控えている。

任期1年を残してすでに“死に体化”が始まっている文政権がここで成果を出せればレームダック化から脱却できる可能性もあるが、じつはほとんど期待できそうもない。最悪の場合、世界中から総スカンを喰らう可能性すら出ている。

断末魔の文在寅 photo/gettyimages
 

文在寅大統領は就任から丸4年を迎えた5月10日の特別演説で、ここからの外交日程の狙いについて概ね下記のようなことを述べた。

◇米韓首脳会談:韓米同盟を一層堅固なものとしていく。対北朝鮮政策をより緊密に調整、南北間、米朝間の対話を再開させ、再び平和協力の歩みを進めるための道筋を模索したい。

◇P4Gサミット: 気候変動対応に向けた国際社会の協力を強化する。韓国開催のため、我々が主導的な役割を担う姿を発信できる良い機会。責任ある中堅国家として韓国の地位を高める契機にしたい。

◇G7首脳会談:韓国が招請され続けていることは、国のプレゼンスが高まっていること。K-防疫が世界の標準となり、世界各国は韓国経済の驚くべき回復力と成長潜在力に注目している。K-POP、K-ビューティー、K-フード、K-コンテンツは、グローバルブランドとなり、韓国文化に世界中の人々が熱狂している。経済、文化、芸術、科学、保健、民主主義など、我々の魅力と国際社会への貢献が韓国をソフトパワー強国へと押し上げている。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/