5月19日、俳優の新垣結衣さんと歌手で俳優の星野源さんが所属事務所を通じて結婚を発表した。国民的人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で“国民的夫婦”となったみくり&平匡が現実でも夫婦となったとあって、日本中が驚きと祝福の声に包まれている。

そんななか注目を集めているのが、星野源さんが2020年5月に上梓した自身4作目のエッセイ集『いのちの車窓から』(KADOKAWA)だ。この中で「新垣結衣という人」と題して、彼女ついて素敵だと感じたことを綴っている。

「本当に普通の女の子」

冒頭は、星野さんが「僕はプロの独身なんで」というセリフを言いながら、顔の横で握りこぶしをつくったら、「プロの独身?」と聞き返しながら新垣さんも同じポーズをとったときのことを回想している。

顔の横に握りこぶしをつくるのは星野さんのアドリブだった。それを間髪入れずに真似した新垣さんの反応の良さに星野さんは感銘を受けたという。これはもちろん新垣結衣という俳優の力によるところが大きいのだろうが、このシーンが二人での撮影のファーストカットだったというのだから、相性の良さを感じさせるエピソードだ。みくり&平匡のあの空気感は、二人がもともともっている相性の良さによって生み出されたものなのかもしれない。

星野さんは、新垣さんは「本当に普通の女の子」だという。有名俳優がもっている威圧感がなく、<おとなしいけれど、現場で面白い話が生まれれば一緒に笑うし、話しかけると気さくに話してくれる。ただ、相手のテリトリー内に侵入することは決してしない。ニュートラルな状態でただそこにいる>と。

「普通」であることは、芸能界という特殊な環境ではとても難しいことについても綴られている。そのなかにあって、その「普通」を獲得した新垣結衣という人のすごさを称えて、最後にこの一文で締められている。

<あなたは本当に素敵な、普通の女の子である>