アメリカの映画館にあった『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』のポスター/筆者撮影
# エンタメ

全米No.1となった劇場版『鬼滅の刃』米国での「リアルな評価」

現地メディアはどう報じたのか?

ポケモン以来の快挙

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(Demon Slayer)が4月23日にアメリカでもついに公開された。

日本での大ヒット作品という前評判もあって、アニメファンには待望の上映となり初日などには行列も見られた。公開初週の成績は『モータルコンバット』に次いで2位、外国語映画としては史上最高というスタートだった。

アメリカの映画館にあった『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』のポスター/筆者撮影
 

公開2週目の週末は、売り上げが『モータルコンバット』をわずかに上回り、「鬼滅の刃がモータルコンバットを抜いた」「鬼滅の刃がアニメとしては数十年ぶりに全米興行収入1位を獲得」と、朗報が報じられた。

12日には、北米の興行収入は4000万ドル(約40億円)以上となり、アメリカを除く世界中でも4億3500万ドル(約435億円、3週目の週末時点)で、全世界の年間(2020年)の興行収入ランキングで1位になる見込みとも報じられた。

アニメ、しかも日本の作品が全米興行成績で首位となったのは、1999年公開の『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』(Pokémon: The First Movie)以来という。

『鬼滅の刃』は6歳以下の鑑賞を禁じるR指定の映画であることから、もっと数字に悪影響が及ぶのではないかとの懸念もあったのだが、杞憂に終わったようだ。

日本でも「全米No.1」が大きく報道されている『鬼滅の刃』だが、アメリカ現地ではどのように報じられているのか。現地メディアや観客、筆者が実際に映画館を訪れて感じた「本当の評価」を紹介していきたいと思う。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/