photos by Apple

最速実機レビュー!新iMac&iPad Proが示すアップルの力

「M1世代」突入で一大進化を遂げた!

既存モデルからの「大進化」

アップルが米国時間の4月20日に開催したイベントで発表し、まもなく発売される新製品である「iMac」と「iPad Pro 12.9インチモデル」の実機に触れる機会を得た。

【写真】12.9インチモデルのiPad Proと新たに発売されたホワイトのMagic Keyboard、新iMac(グリーン)手前が12.9インチモデルのiPad Proと新たに発売されたホワイトのMagic Keyboard、後方が新iMac(グリーン)

今回発売される2製品は、どちらもアップルのオリジナルプロセッサー「M1」を搭載している。だが、製品としての狙いやサイズが異なるため、両者の製品特性には当然、大きな違いがある。そして、既存のモデルからの進化もまた、同様に大きい。

そうした変化は、具体的にどういう部分に現れているのか?

5月後半が予定される発売に先駆けて、両機のレビューをお届けするので、購入を検討している人にはぜひ参考にしてほしい。

iPad並みの薄さを実現

まずは「iMac」から見ていこう。

iMacは「ディスプレイ一体型Mac」のブランドとして、1998年の登場以来、長い歴史をもつシリーズだ。初期は「ブラウン管+透明なボディ」がアイコンだったが、液晶が主軸になってからは薄型ボディとなり、現在にいたっている。今回の新モデルも、液晶を活かした薄型であることが特徴だ。

特に、久々に幅広いカラーバリエーションを採用したことに注目が集まっている。

筆者が今回、試用したのは「グリーン」。アルミボディを緑に染めた、非常に見栄えのするデザインとなっている。フロントベゼルはパステル的な淡い色である一方、ボディ本体は濃い色に染められている。

【写真】本体の背面は濃いグリーンで、スタンドは薄いグリーン本体の背面は濃いグリーンで、スタンドは薄いグリーンと、部位によって色味が異なる

一方で、薄さ──正確にいえば「薄さの均一さ」は、従来モデルとは大きく異なる。まるでタブレットのようだ。この薄さは、プロセッサーが「M1」へと変更されて省電力性能が高くなり、放熱のための機構が小さくコンパクトなものになったことで実現したものだ。

【写真】iMacとiPad Proの厚みを比較iMacとiPad Proの厚みを比較してみた。iMacが据え置き型であることを考えると、体感的にはほとんど変わらない薄さを実現している

iMacに搭載されているM1は、MacBook Airなどの既存機種に使われているものとまったく同じであるようだ。パフォーマンスについても差は見られない。

もともと非常に快適な性能を誇っているM1だが、デスクトップに使われても問題はなく、十分な性能だと感じる。ファンの音などがまったく聞こえてこないのも、ノート型と同様だ。

【写真】白が新iMacのベンチマーク結果
MacBook Proのベンチマーク結果白が新iMac、黒がMacBook Proのベンチマーク結果。同等といって差し支えない

「大画面」という正義

ノート型と異なるのは、なんといっても「画面の大きさ」だ。

24型・4.5Kのディスプレイは広く、作業がしやすい。ビデオ会議の画面とウェブを開きつつ、同時にメモをとる、といった使い方をする場合でも、1画面の中に複数のウインドウを並べて作業できるだけの十分な面積がある。

【写真】iMacでの作業画面キャプチャiMacでの作業画面をキャプチャしてみた。ビデオ会議からウェブまで、1つの画面に複数のウインドウを並べても快適なのが、24インチという画面サイズのメリットだ

持ち歩くことができない代わりに大きな画面を快適な状態で使えるのが、iMacの最大の価値といっていい。

とはいえ、単に大きな画面を使いたいだけなら、外付けディスプレイでもかまわない。「iMacならではの価値」は、どこにあるのだろう?

実機に触れてみて感じたポイントが、3つある。

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/