2021.05.29

「局アナ、アイドルを抱いたテレビマン」などが次々告白…リアルすぎる「YouTube番組」がいま熱狂的人気のワケ

「街録ch(がいろくチャンネル)」に熱視線が注がれている。元テレビディレクターの三谷三四郎氏が運営するYouTubeチャンネルだ。チャンネル登録者数は5月13日現在、約31.1万人に達した。

全世界での累計部数4億8000万部を誇る国民的マンガ『ONE PIECE』の作者、尾田栄一郎氏が、集英社発行「週刊少年ジャンプ」2021年5月10日発売号の巻末コメントにおいて、以下のように「街録ch」を取り上げたことが、一部で話題となっている。

「原稿中にラジオのように街録chを聴いてる。色んな人の人生がホントに興味深い」

また「名インタビュアー」として有名なライターの吉田豪氏も、「街録ch」に注目する一人。去る4月12日には新宿ロフトプラスワンにおいて、吉田豪氏と三谷氏との対談イベントが開催されたばかりだ。

YouTubeにアップされた「街録ch」の一場面
 

地上波テレビではできない過激さが売り

「街録」とはTV業界用語で、「街頭録音」の略語だ。

ニュース番組で、街角の人々にカメラを向け、コメントを取るという演出を見かけるが、あれこそ「街録」にほかならない。

ただし、もちろん「街録ch」はニュース番組ではない。30分ほどの尺のなかで語られるのは、出演者の「リアルな人生」そのものである。

三谷三四郎氏は「笑っていいとも」等バラエティー番組スタッフ出身だが、「街録ch」はむしろ「ザ・ノンフィクション」風のドキュメンタリーだ。

「あなたの人生、教えて下さい」というキャッチコピー通り、出演者がそれぞれの体験談を語るという、ある意味それだけのシンプルな動画コンテンツである。
だが、その体験談がことごとくリアル、かつ、過激だ。

SPONSORED