菅政権の迷走が止まらない Photo/gettyimages
# 新型コロナウイルス

菅政権の“致命的ミス”が発覚…「コロナ苦」のシングルマザーに「給付金」が届いていなかった!

医療崩壊間際の五輪開催を推し進める菅義偉首相の姿を見ていると、国民の命を守るよりも“まやかしの国威”を発揚することを選んだと考えざるを得ない。

こんな菅政権の目的をはき違えた行動や迷走ぶりが散見されるが、じつはその「弊害」が国民の住民サービスやセーフティネットにまで及んでいることをご存じだろうか。

またもや遅れていた給付金

今年3月、政府は新型コロナ対策のために計上している予備費の中から「生活支援特別給付金」の給付を決めた。

この給付金は、厚労省が当初説明したところによれば、「低所得子育て世帯」に子ども一人あたり5万円を給付するというもの。新年度には入学や進級など、何かと物入りであるからこそ、困窮世帯の救済が早期に必要だということだった。

予備費の使途については国会の承認は必要なく、予算委員会の理事会で与野党理事に報告されるのみ。政府にとっては使い勝手の良い予算である。

田村憲久 厚生労働大臣 Photo/gettyimages
 

政府が計上したコロナ予備費は令和2年度だけで11兆5,000億円にのぼる。野党議員は、予備費の支出内容について国会での十分な審議を求めてきたが、それでも生活支援特別給付金が了承されたのは「なるべく早期、遅くとも4月中の給付完了を目指す」という説明があったからだという。

結局、母子・父子家庭など「ひとり親世帯」104万世帯143万人に加え、所得の少ない「ふたり親世帯(住民税非課税世帯など)」138万世帯230万人に給付することとなった。

ところが、である。この給付金、なんといまだに配り終わっていないのだ。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/