退陣を求める声が高まる photo/gettyimages

文在寅が“万事休す”へ…韓国経済が「南アフリカ以下」に転落、もう“打つ手なし”文政権の末路

文在寅が「自画自賛」するウラで起きている現実

韓国企画財政部は5月7日に「文在寅政府4周年、その間の経済政策推進成果及び課題」と題する報告書を公表。「韓国企業は政府の規制撤廃でいつもより経営環境が改善され、国民も高まった所得に支出負担は低くなり、いつもより質の高い暮らしを営んでいる」とその成果を強調した。

しかし、これは空虚な自画自賛であり、その実態はまさに逆であるというのが国民の実感ではないだろうか――。そうした事実は中央日報(韓国経済新聞)が掲載した次の3つの記事から確認できる。

◇政権発足当時、世界の30%水準だった韓国国民の生活の質指標が中位圏に低落したという調査結果が公表された。

◇韓国の福祉政策も不平等を再生産すると福祉専門家はインタビューで述べている。

◇所得主導成長の理論的土台を提供した学ヒョン学派の討論会で政府の経済政策は「失敗した」との診断が出たと報じている。……

文在寅は自画自賛するが… photo/gettyimages
 

企画財政部の報告書によれば、韓国経済が好調なのは、「文在寅政府が所得主導成長と革新成長の構築に注力したおかげで、急速に強い経済回復を成し遂げるとともに、家計所得は増え、企業には革新の雰囲気が作られるなど改善が始まったからだ」と評価している。

しかし、そのいずれの点についても言葉通りの成果はなかったと思われる。

第1に急速な経済回復というが、新型コロナ前の19年でさえGDP成長率は2.0%であった。それも年末にかけて財政支出を大幅に増やした結果の2%であり、実質は1%台であったであろう。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/