photo by istock

人の「金歯」まで…?プロが厳選、メルカリで売れる「意外なパーツ」

欲しい人が1人いれば売れる世界

売り物にならないアイテムも立派な商品に

フリマアプリやネットオークションをはじめとした個人間取引では、ちょっと変わったものが売れることも少なくありません。例えば一般的なお店では売られていないような商品、つまり「売り物にならないアイテム」でさえ、立派な商品になるのがフリマアプリやネットオークションの魅力です。

photo by istock
 

前回は「空き箱」の記事を書いた〈メルカリで「空き箱」がめちゃくちゃ好条件で取引される「意外な理由」〉のですが、その「空き箱」もパーツと言えばパーツ。メインになる商品の付属品として考えると、そもそも売るという考えにならないのが普通でしょう。

メインの商品ではないけれど、欲しいと考える人がいるのは事実です。場合によっては、驚くような価格で売れることもあります。筆者自身も、これまで17年近くヤフオク!を使っていますし、フリマアプリも7年ほど活用しています。その中でパーツを売ったこともあるので、まずは具体的な事例を紹介していきます。

バッグのショルダー部分だけ

もう数年前になりますが、バッグについているショルダー部分だけを売ったことがあります。ヤフオク!でした。押入れの整理をしていたら奥の方から出てきたのです。バッグは使っていたのですが、ショルダー部分は未使用のまま。

「どうせ使わないし」と思って、しまいっぱなしにしていたのだと思います。「オロビアンコ」のバッグだったので、もしかしたら売れるかもしれないと思って出品をしたら、落札されました。値段は正確に覚えていないのですが、2,000円程度です。

ショルダー部分だけでも売れるのは、すでに同じバッグを持っている人がショルダーが壊れてしまったことが理由だと思います。おそらくブランドにこだわりがあるのでしょう。もしそうでないならば、ショルダー部分だけをもっと安く買っていると思います。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/