Photo by iStock

静岡県知事選、自民党候補に「ハラスメント」疑惑が浮上…スタッフが次々辞める事態に

壁越しに怒鳴り声

「気に入らないことがあると人や物に当たる。秘書やスタッフに怒鳴り散らす声を、議員事務所の壁越しに何度か聞きました」(自民党中堅議員)

6月20日に投開票される静岡県知事選挙に、参議院議員で前国交副大臣の岩井茂樹氏が自民党公認で出馬すると表明した。だが自民党内からは、「スキャンダル」を懸念する声が上がる。複数の事務所関係者が、岩井氏に暴行を受けた疑いが浮上しているのだ。

Image by iStock
 

「移動中の車内で脇腹や足を蹴られた、いきなり胸ぐらを掴まれて罵倒された、手近な物や書類を投げつけられた、といった話が数年前から出ていた。東京と地元静岡の双方で、複数の事務所スタッフが暴力やハラスメントを苦にして辞職している」(自民党関係者)

父に元参議院議員の岩井國臣氏を持つ岩井氏は、'10年に初当選し、経産大臣政務官などを歴任した。だが近年、岩井氏の素行については自民党も憂慮していたようだ。前出の中堅議員が言う。

関連記事

おすすめの記事