盗みと恐喝は当たり前…韓国に嫁いだ日本人妻が驚愕した、モラハラ一族の「支配構造」

漫画「モラニゲ」無料公開【後編】
榎本 まみ プロフィール

希望が捨てられなくて

そんな日々を耐えてきたさくらさんだが、とうとう体調を崩してしまう。しばらく寝込んだり心療内科に通う日々だった。結婚生活は辛かった、だがしかし、我慢すれば夫も変わるかもしれない――そんな希望が捨てられずにいた。

夫から逃げよう、そうさくらさんが決意したのは、ある日本人女性との出会いがきっかけだった。

『モラニゲ』より
 

「出会ったというより、半ば看取るような形で別れたんです。その人は私より早く韓国に嫁いで来ていた人でした。子どもが4人いたんですが、うちと同じように旦那さんが仕事を辞めて無職になって、彼女が朝から晩までパートの掛け持ちをして子どもの学費や生活費を稼いでいました。

でもその激務のせいか40代で癌になってしまって、それでも旦那さんが医療費の支払いをしぶって、ろくに治療も受けられずに亡くなってしまったんです。亡くなる少し前に少しだけ彼女と話す機会があって、そうしたら彼女は『死ぬときだけは絶対にあの夫に看取られたくない!』と言ったんです…。

彼女の言葉を聞いて『我慢はしちゃダメなんだ』って胸を突かれたような気持ちになったんです」

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/