平均成長率30%、オープンハウスが「爆速成長」を遂げられた「2つの理由」

何が勝因だったのか?

平均成長率は30%

松田翔太が「座敷童子」に扮し、妻役の戸田恵梨香とともに夫役の角田晃広(東京03)に「戸建てがほしい」と迫る――。コミカルなCMが話題を呼んでいるオープンハウス、実はいま、飛ぶ鳥を落とす勢いであることを知っているだろうか?

オープンハウスは、東京を中心に事業を展開してきた総合不動産グループだ。1997年の創業以来、右肩上がりの成長を続け、直近8年の売上高平均成長率(年平均成長率)は約30%。平均約7%という業界の成長率を考えると抜きん出ている。

さらに、2020年9月期の決算にいたっては、売上高5759億5100万円(前期比6.6%増)、当期純利益594億9100万円(同51.0%増)を記録。三井不動産、三菱地所、東急不動産ホールディングスなど財閥系、電鉄系が上位を占める不動産業界において、業界第7位にまで躍進している。

同社の荒井正昭代表取締役社長は、「売上一兆円を目指す」と豪語するが、2013年、東証一部上場の記者会見の際に、「10年以内に売上高5000億円を目指す」と宣言し、わずか6年で達成したことを考えると、夢物語の類ではないことがわかるだろう。

オープンハウスグループ、コーポレートサイトより引用
 

なぜオープンハウスはこれほどまでに成長し続けることができるのか?

「我々は、都心・好立地にコンパクトな3階建をメインにした戸建てを、相場より1000万円安く提供することができます」

そう話すのは、執行役員で営業推進部長の矢頭肇氏。好立地の住宅をリーズナブルに提供できるからこその成長だと言う。爆発的成長の理由はどんなものなのか、話を聞いた。

一つ目の理由。それは、オープンハウスが「製販一体型」のビジネスモデルの不動産事業を、展開している点だ。

「不動産は、大きく分けると「用地の仕入れ」「家を建てる」「売る」という分野があります。 基本的には、土地の仕入れ(用地仕入)は建売業者、家を建設するのが住宅メーカー、販売するのが販売仲介会社という具合に、専門領域が異なる企業がそれぞれの役割を担っています。しかし、我々は用地の仕入れから住宅の建設、そして販売まで一気通貫で行います」(矢頭氏、以下同)

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/