FRaUwebで4月に大きく読まれた記事がある。そのひとつが、17日に公開となったバービーさんとそのパートナー・つーたんさんがそれぞれ結婚に関して書いた記事。そして富岡すばるさんの「マイケル・ジャクソンも苦しんだ…『童貞いじり』をする社会は女性にも男性にも生きづらい」という記事だった。

この記事の共通項は、「男性の生きづらさ、女性の生きづらさを実体験をベースに様々な視点から見て率直に書いていること」といえる。そんな二人の直接対面のトークが初めて実現したのが、バービーさんがパーソナリティを務めるTBSラジオ「週末ノオト」(毎週土曜13時放送)の5月15日の放送だった。富岡さんの記事を読んでいたというバービーさんからのラブコールが実現し、週代わりのパートナー、TBSの藤森祥平アナウンサーと3人で女性蔑視のことや男性の生きづらさの問題、そしLGBTQのカミングアウトの話などを繰り広げたのだ。バービーさんの実体験もどんどん飛び出したその中身を特別再現!

その前編では、富岡さんのライターデビュー作となった出会い系アプリの話にはじまり、ブリトニー・スピアーズやマドンナ、マイケル・ジャクソン……富岡さんが多くのアーティストからも学んだという女性蔑視の現状について赤裸々トークをお届けする。

-AD-

パワーワード満載のプロフィール

バービー 本日のゲストはライターの富岡すばるさんです!こんにちは!

富岡 こんにちは、よろしくお願いします。

バービー 楽しみにしておりました!同じFRaUwebでの連載を持っている仲同士っていうことなんですが、会うのは初めてですよね。

富岡 はじめまして。はい、よろしくお願いします。

バービー コラム面白くってねえ……。読んでるんですが、まずはまだまだ謎に包まれたプロフィールですよね。

藤森 富岡さんのツイッターに書かれているプロフィールをご紹介します。イケメンと歌姫が好きなアラサーゲイ。10代のネクラ非モテ期の反動で20代で3度の整形を経てSMバーなどに勤務、借金返済と性の求道に明け暮れる。30代でフェミニズムに目覚め、SNSで意見を発信し始める。今は失われた青春をとりもどすため、昼の世界で奮闘中……。

バービーさんとは初対面の富岡さん 写真提供/TBSラジオ

バービー ちょっとパワーワードありすぎてどこから聞いていいかわからないですよ。あの、聞いていいんですか? 借金返済は、な、何の?

富岡 もともとこれ、僕の父がですね。養育費とか払わずに家を出てしまって、親の借金もあったんです。それとは別に、僕どうしても自信を自分に持てなくて、なんどか20代で整形したことによってローンの借金も追ったという。

藤森 ちなみにどれくらいですか? 整形の金額は。

富岡 歯の矯正とかヒゲの脱毛も入れると大体500万くらいなんです。