数学、科学…が苦手な子どもに「理数系」の面白さを伝える、絵本の「凄い力」

理数系を活かす表現力・伝達力・発想力
講談社幼児図書出版部

絵本がもたらす素晴らしい効果とは

理数系への興味を導く入り口としてオススメしたいのが、「絵本」です。

絵本には、様々な効果があるといわれています。脳が著しく発達する幼児期に絵本を読み聞かせることで、感情が豊かになる、言語能力の発達、想像力を鍛えることなどがいわれています。

その絵本がなぜ、理数系の入り口となるのでしょうか。

懐かしいあの名作絵本『はははのはなし』(加古里子・作 福音館書店)では、ごはんを食べてから、口の中で何が起こるのか。虫歯はなぜできてしまうのか、歯はなぜ大切なのか、楽しいイラストと心地よいテキストで知ることができます。

『はははのはなし』かこさとし(福音館)
 

この絵本を読んで、子どもたちは、楽しみながら、歯についての知識をつけることができるのです。

ぐりとぐら』(なかがわ りえこ・作/おおむら ゆりこ・絵 福音館書店)・『しろくまちゃんのホットケーキ』(わかやま けん・作 こぐま社)では、多くの子どもたちが、カステラやホットケーキに魅了されました。

卵や牛乳などの材料を混ぜて火にかけると、おいしそうな食べ物に変身する様子は、まるで魔法です。料理が登場する絵本も、科学への興味の扉といえます。

『ぐりとぐら』なかがわりえこ・作、おおむらゆりこ・絵(福音館)
わかやまけん・作(こぐま社)

こうして読んだ絵本の影響を受け、子どもは周りの物事に興味を持ち、成長していきます。

関連記事