「ダイエットスクール」というと誰もが、食事や運動の指導をしてくれるのだろう、と思うはずだ。けれど、そう思ってダイエットコーチ七瀬葉さんのダイエット指導を受ける人は、びっくりすることになる。なぜなら、彼女の指導は「食事制限や運動からスタート“しない”ダイエット」だから。それなのに、これまで何度もダイエットにチャレンジしては失敗してきた人たちが、次々と10kg、15kgのダイエットを成功させて笑顔で卒業しているのだ。

この指導が編み出された背景には、七瀬さん自身も20代で過食症に苦しんだ経験がある。
「これまでのべ1500人ものダイエット指導をしてきましたが、彼女たちはけっして怠け者とかズボラというわけではなく、みなさん真面目に頑張ってダイエットしてきている方たち。ただ、私自身もそうだったのですが、ダイエットを頑張っているのになかなかやせられない、やせてもリバウンドしてしまう、という女性には、特有の“思考のクセ”があるのです」

七瀬さん自身、20代の頃に一気に18キロも太ってしまったのは、自分で自分を認めてあげられない思考のクセが原因になっていた、と振り返る。

「ダイエットのスタート地点を間違っていたら、どんなに頑張っても“ダイエット成功”というゴールに辿り着けません。このことに気づいてから、食事や運動の前に、まずはこのこじらせた思考を解きほぐしてリセットさせるところから、指導をスタートさせています」

そして七瀬さんが指導の過程で気づいたのは、家族との関係で傷ついた心が、ダイエットを阻む要因になっている女性が意外なほど多い、ということだ。それは一体どういうことなのか、七瀬さんに語ってもらう。

撮影/遠藤アスミ
七瀬 葉(ななせ・よう)
ダイエットコーチ。佐賀県出身。20歳で上京し、東宝芸能にてダンサーとして舞台などで活動するなか1年間で最大18キロ増も経験。過食症と戦い続け、心とカラダのバランスをとることの大切さを痛感し、ボディメイクの道へ。ピラティスインストラクター、ストレッチトレーナーの経験を積み独立。2015年、東京にて「美姿勢ダイエットスクール http://bishisei-diet.com/」を開校し、地方から新幹線や飛行機で通う生徒もいるほどの人気スクールに。初の著書『「ダイエットこじらせさん」が今度こそやせる本』(講談社)が大きな話題を呼び、セミナーなどでも活躍中。
-AD-

やせてからカレを見つけようとすると…

スクールにいらっしゃる方に「なぜやせたいのですか?」と聞くと「カレがほしいんです」「結婚したいんです」という女性は少なくありません。「やせてキレイになれば、いい恋愛ができるはず」「素敵な人と出会うなら、まずはやせてから」。そう思って、ダイエットを決意しているわけですね。これだけ聞くと、前向きな目的に思われます。

ただ、やせてから出会いを見つけよう、とするダイエットは、残念ながら成功しないことが多いのです。成功するのはむしろ、ダイエットを始める前にもう出会いを探しに出かけている人です。なぜでしょうか?

「なぜカレがほしいのですか?」「なぜ結婚したいのですか?」と聞いていくと、じつは、こんな気持ちが背景にある人が多いのです。「結婚しないと、親を安心させてあげられない」「いい年齢なんだから、結婚しないとまずい」。

さらに言うと、上記のような気持ちのもっと裏側には、「結婚もできない私は、親から認めてもらえない」「いいパートナーがいないと、落ち度がある人間に見られる」といった考えがあったりします。

誰かに認めてもらえないから、落ち度があるように思われるから結婚したい――それは「本当に結婚したい」気持ちよりも「周りからどう見られるか」という思考になっているのではないだろうか Photo by iStock