Photo by iStock

プロ野球、日ハム・栗山監督の「目のクマ」に周囲から心配の声…「チームは絶不調なのに」

幸い、病気ではないよう

「彼の人間性が優れているのはよくわかるんだけど、監督10年はいくらなんでも続けすぎでしょう。去年まで2年連続で5位だったのに球団が続投させるから、色々とおかしなことになる」(野球解説者の伊原春樹氏)

最近、日本ハム・栗山英樹監督(60歳)の顔色が悪すぎる―。パ・リーグ担当記者の間で、もっぱらの噂だ。

最下位をひた走っていた4月26日、栗山監督は還暦の誕生日を迎え、選手からプレゼントされた赤いユニフォームに袖を通し、目をうるませた。

「『5連勝くらいしたら、すぐに追いつくでしょ』と空元気を見せたものの、まるで覇気がない。どんどん痩せて手の甲もシワシワだし、目のクマがあまりに濃い。何か病気に患っているのではないかと心配になります」(スポーツ紙日ハム担当記者)

Photo by iStock
 

幸い、病気ではないようだが、心労のタネは山ほどある。

中田翔や、近藤健介ら主力がピリッとしない打線は貧打にあえぎ、防御率はリーグ唯一の4点台(4月29日現在)。レギュラーの座を脅かすような若手も出てこない。

下位になるべくしてなっている状況に、ファンからの風当たりも強い。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/