# 大学

実家は「伊藤忠」創業家のサラブレッド…慶應大学・新塾長の経歴がスゴすぎる…!

コロナ禍での采配に期待
週刊現代 プロフィール

高校1年時にも1年間、アメリカ留学を経験している。その際には「お坊ちゃん」らしからぬ、気骨ある一面を物語るエピソードが残されている。

 

「慶應の場合、幼稚舎に入学すれば大学までストレートに進むのが常識。普通部から塾高に上がる段階で留学すること自体が異例だったので、教師からは『前例がないから認められない。留学するなら学校を辞めるべきだ』と言われたそうです。

ところが、それに対して『福澤諭吉は江戸末期、咸臨丸で海外へ飛び出した。慶應は彼が作った学校なのに留学を認めないのはおかしい』と主張し、留学を認めさせたという逸話があります」(同)

次代の慶應を担うサラブレッド。このコロナ禍の難局で、どんな采配を振るうのか。

『週刊現代』2021年5月15日号より

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/