# 米国株

投資の神様・バフェットが「4時間」かけて語り尽くした「全投資の一部始終」

4時間にも及ぶスピーチ

日本ではゴールデンウィークの真っ只中の5月1日、ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハサウェイの年次株主総会が行われました。

2020年はコロナ禍の影響により、バークシャーの本社がある米ネブラスカ州オマハからオンラインで開催されました。同様に2021年の株主総会もオンライン開催となりましたが、バフェット氏の右腕であるチャーリー・マンガー氏も地元、ロサンゼルスのホテルから中継で参加しました。

チャーリー・マンガ―氏(Photo by gettyimages)
 

会場のステージには、90歳のバフェット氏の隣には97歳のチャーリー・マンガー氏、加えて2人のバークシャーの副会長も並び、適宜説明する形式で進行されました。

毎回参加していて思うのですが、超ご高齢のお二人が4時間以上の話を休憩なく話続けるのは大したものです。私も2時間半以上のセミナーを毎月1回開催していますが、それでも結構大変です。90歳を過ぎたお二人が休憩も入れず、4時間の総会を行う精神力やエネルギーは素晴らしいものです。

この総会の生放送で観て、私なりに興味深いと思った箇所を取り上げてみたいと思います。

オープニングで「語ったこと」

株主総会のオープニングでは、今回も米国の強さ、資本主義の素晴らしさを語りました。話は1790年に遡ります。

1790年の米国の人口は世界の人口の0.5%でしかありませんでした。アイルランドよりも少なく、ロシアは米国の5倍、ウクライナも2倍の人口でしたが、232年経った今、世界のトップ6の企業(アップル、サウジアラムコ、マイクロソフト、アマゾン、アルファベット、フェイスブック)のうち5社が米国企業になっていることを説明し、米国企業の凄さと、米国型資本主義が世界的に成功を収めていることを強調しました。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/