『古舘伊知郎トーキングブルース-やっかいな生き物-』(2020年12月)公演時の写真

『報ステ』に悔いなし…古舘伊知郎が“自分の悪”を感じながら喋るワケ

今夜『トーキングブルース』開催!

「誰しも、自分は良い人間だと思いたい。でも、良い人の中にも悪がたくさんある。逆に、悪い人の中にも善がある。まず他人のことを言う前に、自分の中の悪を感じないといけない。たとえば、『報道ステーション』で〈シリアの内戦で550人が亡くなりました。とんでもないことです〉と堂々と言っていた時、遠い場所で起きた出来事に“美しく怒っている自分”を発見するわけです。本気で怒ってるんだけど、番組が終わったら、スタッフと一緒にワインを飲んで、ストレス解消してるんじゃないの? と考えると、自分の悪がわかる。ああ、悪だなあって……。『トーキングブルース』をずっと続けられたから、気付けたことでしたね」

人間の底辺には悲しみが滲んでいる。歌にブルースがあるように、喋りにもブルースがある――。

そんな想いを胸に、古舘伊知郎は1988年にトークライブ『トーキングブルース』を始めた。以来、2003年までライフワークとして続け、『報道ステーション』(テレビ朝日系)のキャスター就任で一度は遠ざかったものの、2014年に復活。昨年8月、6年ぶりに開催するも、新型コロナウイルスの影響で無観客だった。

古舘伊知郎さん
 

「お客さんがいれば表情を見ながら、間を置いて喋ったり、次の話に行けたりする。でも、無観客だと話し終わっても、『次はなにを喋るかと言えばさあ』など不要な言葉を挟んでしまい、キリキリ舞いになってしまいました」

5月13日に『古舘伊知郎のトーキングブルース-無観客へのリベンジ-』を配信する。イベントを決めた時、緊急事態宣言は出ていなかったが、敢えて無観客を選んだ。

「またコロナの波が来ると思っていたので、一発やらざるを得ないなと。喋りたい一心ですので、無観客でも有観客でも聞いてもらえる人がいれば、とにかく開催したい。今回は、妄想で空席の椅子に1人座らせます。自分の脳を錯覚させて、余計な喋りは排除したい」

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/