# 新型コロナウイルス

アメリカで「ワクチン接種」して分かった、これから日本で起きる「意外な結末」

ワクチン「出国ツアー」が始まる…
飯塚 真紀子 プロフィール

ロサンゼルス・タイムズが報じたこと

ワクチンの「副反応」は気になる photo/gettyimages

このワクチンをうったベテラン看護師の友人が、2回目を接種した後の副反応の強さについて、こんなふうに話した。

「2回目の接種を受けた日の夜は、打ったところと左肩、腕、股関節が痛くてよく眠れず、翌朝には全身の痛みがかなりありました。慢性痛のある部分は普段の3倍くらい痛みが強まり、ひどい頭痛もして、やっとの思いでベッドから起き上がりました。

それでも無理して仕事に行ったら、お昼頃には熱まで出て、午後には吐き気も催したので、早退しました。その翌日はだいぶ良くなりましたが、それでも頭痛は2〜3日続きました。2回目を接種した後の副反応はかなりのものでしたが、私の免疫が反応してワクチンがよくきいている証拠なのだと思い込もうとしています」

 

友人の体験談をきいて、モデルナを打つことに恐怖感を覚えたが、それでも、筆者はモデルナに後ろ髪をひかれた。というのは、ロサンゼルス・タイムズ(2020年12月15日付)が“モデルナはアジア人には100%有効”と示唆する記事を紹介していたからだ。

その記事は、人種によるワクチン効果の比較が行われた、モデルナの第3段階の治験では「ワクチン接種後に新型コロナに感染した5人は全員白人だった。モデルナは黒人、ラテノ、アジア系、混合人種には100%有効だった」と伝えていた。

一方、ファイザーの第3段階の治験では、ファイザーのワクチンの有効率は黒人が100%、ラテノが94.5%、白人が94.7%で、アジア系は74.4%と他の人種と比べると低かった。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/