常識がすべて跳ね返される、ロシアのSF映画『キン・ザ・ザ』その深すぎる中身

27年ぶりにアニメ版でリメイク

カルト的人気の映画がまさかのアニメ化

唐突ですが、砂の出てくる映画って好きなんですよね。

『インディー・ジョーンズ』『マッドマックス』『ノー・カントリー』『ザ・ビーチ』『漂流教室』……挙げればキリがありません。別に砂が好きというわけではなく、砂にまみれた映画が好きなんです。なんでだろう。前世がサボテンだったのかもしれません。

さておき、そんな砂映画好きとして公開を心待ちにしていた映画があります。ロシアのアニメーション映画『クー! キン・ザ・ザ』です。

『クー!キン・ザ・ザ』の公式webサイトより
 

これはザ・砂映画であるとともに、映画好きにとってある種の驚きと賞賛をもって迎え入れられる作品でしょう。というのも、SF映画の歴史に燦然と輝く名作『不思議惑星キン・ザ・ザ』のリメイクなのですから。それも、監督自身の手によるアニメ化です。

『不思議惑星キン・ザ・ザ』は、ゲオルギー・ダネリヤ監督によって1986年に発表されたソ連のSF映画です。当時ソ連で記録的な興行収入をあげ、日本でも1991年、2001年、2016年とちょこちょこ公開されてカルト的人気を誇っています。

舞台は1980年。冬のモスクワにいた二人の地球人・ウラジミールとゲデバンが、たまたま異星人と出くわしたことによりキン・ザ・ザ星雲の惑星プリュクに飛ばされてしまい、ウエフとビーという二人の異星人の助力を得ながら地球への帰還を目指す物語です。

関連記事