photo by gettyimages
# ドラマ

ドラマでパパ活女子高生、出張ホスト、妻の風俗利用…「NHKなのに攻めてる」の大間違い

民放の深夜でも見られない過激さ

春ドラマのスタートから約1ヵ月が過ぎた今、ある2つの作品がネット上で話題を集めている。その2作とは、『きれいのくに』と『半径5メートル』。ともにNHKの制作であり、視聴者数こそ民放各局の人気作ほど多くない反面、熱狂度は高く、称賛の声が目立つ。

『きれいのくに』は、「ほとんどの大人が整形手術や遺伝子操作で同じ顔をしている」という世界で生きる高校生たちが容姿のコンプレックスに翻弄される物語。

一方、『半径5メートル』は、女性週刊誌の若手編集者とベテラン記者が、読者の身近な話題に体当たりで向き合っていく姿を描いている。

photo by gettyimages
 

両作への称賛のなかで際だっているのは、「NHKなのに攻めてる」という声。実際ここまでの放送で、『きれいのくに』は、整形と遺伝子操作、女子高生のパパ活、パパ活相手からの暴力、高校生の万引きと飲酒購入(未遂)、友人関係の高校生男女が初体験。

『半径5メートル』は、「出張ホスト百人斬り」の体験取材、夫婦のセックスレス、中年女性の性感マッサージ利用などが描かれている。これら過激なシーンの連続に「NHKなのに攻めてる」とネット上が盛り上がっているのだ。

民放各局の深夜番組ですらめったに見られないようなシーンであり、しかも放送時間は『きれいのくに』が月曜22時45分~、『半径5メートル』が金曜22時~のプライムタイム。

確かに民放各局と比べれば「攻めている」ように見えるが、「NHKなのに」というフレーズは完全なるミスリードであり、決して称賛ばかりされるものではない。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/