日米の「差」は広がるばかり… photo/iStock
# 新型コロナウイルス

アメリカに帰ってわかった、日本の「コロナワクチン後進国」ぶりがヤバすぎる…!

日本は酷すぎる…

日本とアメリカを比べてわかった「驚きの現実」

これは酷い。

日本の現在の感染状況をアメリカの感染基準に照らし合わせてみた時、思わずそうつぶやいた。大阪(人口約880万人)の直近1週間の人口10万人あたりの新規感染者数=70人(NHKデータ、5月9日付)は、アメリカの感染基準に照合した場合、「very high risk=非常に感染リスクが高い」という感染段階に相当するからだ。

比較までに、現在、ロサンゼルス郡(人口約1,000万人)の直近1週間の人口10万人あたりの新規感染者数は約21人。大阪はもちろん、兵庫県、福岡県、奈良県、東京都など日本の21もの都道府県がこの数を上回っている。

コロナ対策の迷走ぶりが止まらない photo/gettyimages
 

ロサンゼルス郡は陽性率も0.7%と1%を切り、感染爆発という最悪の感染状況からアメリカでも最善の感染状況へと大きく改善された都市になった。

高い道徳観や衛生観念で感染を抑え込んできたと世界で評価されていた日本だが、ワクチン接種は大幅に遅れ、摂取率はOECD諸国の中で最下位。一方、コロナ禍でも自由と権利を振りかざし、マスク着用率が低く、各地で感染爆発が起きたアメリカは、ワクチン接種の迅速な拡大により、集団免疫獲得に向かって歩を進めている。

日本人の精神性に頼るばかりの日本政府の政策が、ワクチンという科学政策を前に無力化してしまった感が否めない。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/