不登校ユーチューバー「ゆたぼん」が踏みにじる学校義務教育って何

中学校受験競争激化と根は同じ
山本 一郎 プロフィール

何をどう学ぶのか

また、一連の議論において、ゆたぼん父子に対して西村博之さんが「アホの再生産」と酷評して、学校教育に展望なく反旗を翻したゆたぼんさんの煽動に対して強く批判、対するゆたぼんさんも西村博之さんに対して単なる老害扱いしています。

名誉毀損の賠償金を踏み倒して成り上がった西村博之さんが学校教育においては道徳を説くのは本末転倒な気もしますが、前述の通り、学校教育の目的が曖昧にならざるを得なくなり、現在の大学入試改革でもあるように画一的な学力テストでだけ大学に入るわけではない世界に突入しています。

さらには、多様な学びから自らが将来生きていくための資質・能力を身に着けて社会に出てしっかりと稼ぎ、家庭を築き、子どもを儲けることを当面の人生の目標とするならば、その目標に向けて親の教育方針や子どもの意向が(仮に周囲から見て間違っているとしても)一定の理解を示し認めていくしか方法はないのではないかと思います。

私も、中学受験を控える子どもたちに対しては「いいからガリガリ勉強しろ」「やるべきときはやれ」「つべこべ言わずに暗記して点が取れる分野は赤線引いて単語も文章も丸暗記しろ」と言ってしまいます。

ただそれは、紛れもなく中学受験の勝者だった私の経験に基づくもので、これからの社会がどういう変化をもたらすものなのか、また、子どもの適性としてどんな分野の、いかなる勉強法が向いているのかを考えずに成功体験を押し付けているに過ぎないこともまた、よく分かっています。

でも、最近になって子どもたちが小学校高学年になり、やりたいことや向いていることが鮮明に見えてきたいま、無理に競争社会に身を置かせて、毎週ある塾の模擬テストのために追い込んで、ギリギリ頑張って背伸びして良い中学校に入れていくよりは、いま小学生だからやるべきことや体験するべきことにもっと注力してあげるべきなんだろうなあ… と迷いを覚えます。

 

朝井リョウの小説では、ゆたぼんの動画に影響された不登校の小学生が、目をキラキラさせて自作youtubeの制作にのめり込む描写が心を打ちます。何が正解か、分からない。だから安全牌で、社会が作った学歴のレールに乗せることが子どもの成功と安定を導くものなのか、自信を持って言えない時代に何を為すべきか。本当に悩みます。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/