K-POPでいま注目のボーイズグループ「ENHYPEN(エンハイプン)」が本日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)に出演。4月26日にリリースした2ndミニアルバム「BORDER : CARNIVAL」のタイトル曲『Drunk-Dazed』のパフォーマンスを日本の地上波で初披露するとあって、ファンのあいだで大きな話題になっている。

-AD-

超大型ルーキー「ENHYPEN」の人気を支えるもの

ENHYPENは昨年11月末のデビューからわずか2カ月で4つの新人賞を獲得し、SNSの総フォロワー数は1600万人超え。先日リリースしたミニアルバムはオリコン週間ランキング(5月11日発表)で2週連続1位を獲得し、番組でも披露する『Drunk-Dazed』は米ビルボードの「ワールド・デジタル・ソング・セールス・チャート」(5月4日付)で3位にランクインする快挙を達成している。7月6日には日本デビューも予定しており、同時期にデビューしたグループの中でも抜きん出た活躍ぶりである。

彼らの人気を支えるのは、デビュー前から世界中にいるファンたちだ。

ENHYPENは昨年、BTSが所属するHYBE(当時、Big Hitエンターテインメント)と、「IZ*ONE」や「JO1」などを輩出したオーディション番組『PRODUCE』シリーズを企画するCJ ENMがタッグを組み、約20億円をかけて制作したサバイバルオーディション番組『I-LAND』から生まれたグループ。彼らは同番組で、世界181カ国の視聴者の投票によって選ばれた7人なのだ。