(C)フジテレビ

千鳥、かまいたち、チョコプラ…いよいよ「第六世代芸人」の逆襲が始まった

2021年5月7日にフジテレビで放送された特番『千鳥の対決旅』の出演者の顔ぶれを見て、「おや?」と思った。

この特番は、2020年11月29日に第一弾が放送されていて、今回は第二弾にあたる。千鳥を含む複数の芸人が2組に分かれて、ロケ先でさまざまな対決を行うという企画だ。

第一弾のときには、「千鳥世代」として千鳥、秋山竜次(ロバート)、田中卓志(アンガールズ)、かまいたち、「ほぼ第七世代」としてチョコレートプラネット、EXIT、宮下草薙、四千頭身が出演していた。

一方、第二弾では、「千鳥世代」として千鳥、秋山竜次、山本博(ロバート)、田中卓志、かまいたち、「ニューウェーブ世代」としてEXIT、マヂカルラブリー、見取り図、ニューヨーク、おいでやす小田が出演していた。

 

「ほぼ第七世代」が「ニューウェーブ世代」に変更され、メンバーもほとんど入れ替わった。第一弾では「千鳥世代」と「ほぼ第七世代」の世代がある程度はっきり分かれていたが、第二弾では「ニューウェーブ世代」に属する芸人の芸歴や年齢もバラバラで、実質的には「世代」というくくりを使う意味はほとんどない。

要するに何が言いたいのかというと、今回の特番では前回入っていた「第七世代」と呼ばれていた芸人の多くが排除されていたということだ。これは、2019年頃に始まった「第七世代ブーム」がいよいよ終わりに近づいていることを象徴している。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/